米で最もポピュラーなスポーツ専門メディア、イラストレイテッドは、2015年間最高試合に、現地時間11月21日米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ リゾート カジノで行われたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、三浦隆司(帝拳)、フランシスコ・バルガス(メキシコ)の一戦を選出したことを発表した。

 三浦隆司は、2015年、メイウェザー、パッキャオの「世紀の一戦」が終わり、2015年後半、興行規模、試合内容から最高の舞台が用意されていた。三浦は、敗戦したが、最強の挑戦者フランシスコ・バルガスの挑戦を受け入れ死闘を繰り広げ、多くの世界中のボクシング・ファンのハートを掴んだことは間違いない。三浦、バルガス戦は、米・メディアからの評価も高く、全米ボクシング記者協会(BWAA)の年間最高試合にもノミネートされている。

Sponsor Link

 同日のメインイベントは、コット対カネロの一戦。打ち合い必至の試合と言われていたが両者スキルフルな試合を展開した。三浦、バルガス戦は、ハイレベルな試合展開だった「コット対カネロ」とは対照的に、両者は最後まで打ち合いを披露。スリリングな試合内容は、現地観戦してきたボクシング・ファン、世界中の多くのボクシングファンを魅了し、ボクシングの聖地ベガスに大きな爪痕を残した。

 世界的にも、三浦、バルガスの再戦を求めるボクシング・ファンは多く。遅かれ、早かれ、再戦は交渉されるだろう。三浦は、敗戦したがバルガス戦の試合内容も大きく評価され、HBO(米・大手ボクシング中継局)での、再放送の視聴率も高い数値を記録している。米・デビュー戦は敗戦となったが、それ以上に得たものは大きく結果、世界的に見れば三浦の「商品価値」は向上したと言える。三浦は、既にジムワークを開始。2016年、復帰戦を楽しみに待ちたい。

関連記事:
三浦、バルガス、レビュー2015年間最高試合の最有力候補