尾川堅一対ラヒモフ10月に延期

 8月20日中東ドバイで行われる予定だった尾川堅一とシャフカッツ・ラヒモフ(タジギスタン)のIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦がラフモフの負傷により10月に延期される見通しであることが分かった。

 帝拳プロモーションズによると、ラヒモフが負傷。医師の診断結果で1週間練習中止を言い渡され、尾川陣営に日程の延期を要請。尾川陣営がこれを受け入れ延期が決まった。日程は10月に予定されているという。

 興行はESPN(米スポーツ専門チャンネル)のESPN+でストリーム配信予定。日本ではWOWOWが生中継する予定だった。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください