フェリックス・ベルデホが女性失踪事件に関与か?!

 フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)がプエルトリコで起きた女性失踪事件に何らかの形で関わっている可能性がでてきている。現時点で捜査中だがベルデホは、重要参考人という位置づけだろう。プエルトリコで女性が失踪。その後、身元確認がとれてない女性の遺体が発見され、ベルデホの車が押収されている。

Sponsor Link


Sponsor Link

失踪した女性はベルデホの知り合い

 失踪した女性はケイシュラ・マーレン・ロドリゲス・オルティスさん27歳で、ベルデホとは中学時代からの親友だったという。ロドリゲスさんは仕事を無断で休んでいたことが発覚。ロドリゲスさん家族が捜索願いを出しソーシャル・メディアで呼びかけたことで明らかになった。

 報道によると、最後にロドリゲスさんの確認がとれた場所はベルデホの自宅。ロドリゲスさんは、妊娠しており父親がベルデホであることを知らせに来たあとを最後に行方がわからなくなっていることからベルデホが何かしらこの事件に関与していると見られている。

 ベルデホは、警察からの事情聴取には応じず、弁護士同席まで黙秘していたと報じられている。ベルデホは結婚し子供がいるがロドリゲスさんとは恋愛関係にあったと見られている。ベルデホの妻シエラさんはベルデホとロドリゲスさんが関係を持っていたことを知っていたという。

Sponsor Link

女性の遺体を発見

 ロドリゲスさんの車が発見され車内からいくつか所持品が見つかったが行方は分かっていない。

 警察がラグナ・サン・ホセで身元不明の女性の遺体を発見。現時点で失踪したロドリゲスさんかはわかってないが警察が捜査中。橋には血痕があり警察は何者かが女性を橋から突き落としたと見ている。

ベルデホの車が押収

 そして、警察はベルデホの自宅から所有する車を押収。捜査関係者によると、警察はテオドロ・モスコソ橋に設置された防犯カメラで停車中の車両を調査中だという。

 現時点ではまだ捜査中で断片的な情報だが、失踪した女性は妊娠1ヶ月目だったという。

Sponsor Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください