村田諒太対ゴロフキン変異種オミクロンが拡大開催できるのかパート2

 村田諒太対ゴロフキンは開催できるのか。日本中のファンがこの行方に注目を集めていることは間違いないだろう。ここにきて、スポーツ庁は12月9日大阪で開催予定のフィギュア・スケートを開催に向け調整を進めていることが分かった。これは朗報と言えるだろう。

 新型コロナウイルスの変異種オミクロン株が新たにみつかり政府は外国人の新規入国を禁止したことで、村田の対戦相手IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の入国が危ぶまれている。

 前回までの記事は、「村田諒太対ゴロフキン変異株コロナ出現で暗雲挙行できるのか占う」こちらを読んでほしい。

Sponsor Link

村田対ゴロフキンは承認されるのか

 外国人の新規入国が原則禁止となったことで米在住のゴロフキン入国は絶望的とも言える状況だが、のぞみはある。フィギュア・スケート・グランプリが今後のスポーツ・イベントを開催するうえで1つの指針になるだろう。

 2020年コロナ禍で入国規制が敷かれたが条件つきで認められている。

 五輪関係者や、国内で開催される国際大会に出場する日本人やその関係者、外国人選手。五輪選手やサッカー、野球の外国人選手は厳しい感染対策措置が講じられていることを条件に入国を認め、入国後の14日間の隔離期間も免除されている。

 最終的にスポーツ庁がどう決断をするか分からないが、感染対策も実施済み。特例で承認される可能性は少なからずある。

 まず、行動管理がサッカーや野球と比較すると大人数ではないため難しくない。ゴロフキン陣営と関係者を含めてもそれほど大人数にならず行動管理に関してはハードルにはならないだろう。

 さらに、ゴロフキン陣営はホテルのワン・フロアを貸し切り、五輪や北米のプロ・ボクシングがコロナ禍で採用した関係者や選手を隔離するバブル方式を採用。外部と接触しないことで感染対策も万全だ。

 ただ、今回の入国禁止措置でこの特例が認められるかはまだ分かっていないが、フィギュア・スケートが開催の方向で動いていることは朗報。いずれにせよ、結論は今週中。ゴロフキンの入国が認められることを祈るばかりだ。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください