井岡一翔対ジェルウィン・アンカハス統一戦5月日本開催

 2021年末、大晦日に実現するはずだった井岡一翔対ジェルウィン・アンカハス戦は5月開催を見込んでいるという。本記事では、福永戦の振り返りからアンカハス戦を占うことから、福永戦の結果を知りたくない人は離脱してほしい。

Sponsor Link


Sponsor Link

井岡は統一戦に前進

 アンカハス戦が事実上延期したことでモチベーション低下。直近、フランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)のパーフォマンスが悪く不安視されたが心配は無用だった。 
 
 予想記事は、「井岡一翔対福永亮次 海外の予想」こちらを読んでほしい。

 序盤、福永の攻勢が目立つシーンもあったが中盤以降、主導権を握ったのは井岡だった。ディフェンスの甘い福永の顔面、ボディを狙いうち。井岡が貰うシーンもあったが急所を外しダメージを軽減。キャリア、スキルの差は明白だった。

 福永は12回、最終ラウンドまで手を出し続けたが主導権を握られ、有効なクリーン・ヒットでは井岡が圧倒的に上回った。

 もちろん、福永のパンチも井岡にコネクトしていたが単発が多かった。一方、井岡は的中率の高いショートのコンビネーションを繋げ福永の顔面を跳ね上げた。どちらが有効打を当てていたかは明白だった。
 
 唯一はノックアウトを逃したことだろう。

 終盤、フットワークやアウト・ボックスで流すシーンが多かった井岡。その理由は、その先にある統一戦を考えリスク回避したのが理由だったという。

Sponsor Link

井岡対アンカハスは5月実現か

 井岡が防衛に成功したことで、残るはアンカハスが防衛戦をクリアすることが条件だ。フィリピンのメディアによると、アンカハスが防衛戦をクリアすれば5月に統一戦が計画されているという。

 「まずマルチネスと防衛戦を行い、そのあと井岡と統一戦をする」。
 アンカハスのトレーナー兼マネージャーを務めるヒメネス氏によれば、2月に選択防衛戦をはさみ、5月に井岡とIBF・WBO王座統一戦に臨む方針だという。

 すでに、アンカハス陣営は延期で合意。井岡がWBO王座防衛に成功したことで、アンカハスが2月の選択防衛戦に勝てば再び統一戦がセットされることが決まっているという。

Sponsor Link

オミクロン株が障害

 だが、楽観視することはできない。世界的にオミクロン株の感染は急拡大している。米国は、1日の新規感染者数が7日平均で30万件と過去最高を記録。日本も欧米と比較すると少ないが新規感染者数が増加。感染再拡大の恐れがある。

 そして、最大の難関が政府が設置した水際対策だ。新型コロナウイルスの変異種は周期的に出現していることは開催のリスク要因だが5月は現実的な日程かもしれない。

 2021年12月、政府はオミクロン株拡大の影響を受け1ヶ月の期限付きで外国人の新規入国を禁止する極めて厳しい水際対策を実施したことで、アンカハスの入国が不可能となった。これが、井岡対アンカハスは中止に追い込まれた理由だ。

 1ヶ月の期限付きだったが世界的に新規感染者数が急増したこともあり、政府は延長を決定。今後は、国内の新規感染者数が増えたことで、国内対策を強化する意向を示している。

 政府は年末年始の感染者数の状況をみて水際対策の緩和を判断するとしているが、調査で外国人新規入国禁止の水際対策について一定以上の支持層があるところを見ると、政府がすぐ水際対策を緩和するだろうか。

 だが、いつまでも厳格な鎖国を続けていれば日本の経済フル稼働は遅れるばかり。実際、水際対策がどこまで効果があるかは不明。米国は、アフリカ8カ国から入国禁止にしていたが規制解除に動いている。

 南アフリカの新規感染者数は減少傾向にあるが、時間差で1月から2月、日本で一時的に新規感染者数が増加に転じる恐れはあるもの5月以降、感染状況は落ち着いている可能性もある。

Sponsor Link

アンカハスはマルチネスと防衛戦

 IBF王座を9度防衛したアンカハスは、2022年2月北米でフェルナンド・ダニエル・マルチネス(アルゼンチン)と防衛戦を行う見通し。

 マルチネスはプロ通算13戦全勝8KO。全勝だがトップクラスに勝った実績はなくアンカハス戦は全てが試される。

 パワフルなパンチは魅力的。すでに、キャリアで多くの実績があるアンカハス有利だが、パンチャー同士の戦いは好試合になることは間違いないだろう。

 何れにせよ、統一戦の交渉テーブルを開くにはアンカハスが勝つことが条件。オミクロン株の影響等あり不透明な部分が多いが、井岡対アンカハスの統一戦はスーパーフライ級極上のカードであることは間違いない。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください