井岡一翔2021年大晦日IBF王者アンカハスとの統一戦交渉が浮上!

 井岡対アンカハス。WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔とIBF世界スーパーフライ級王者の交渉が具体化。大晦日決戦に向け交渉が進められている。もし、実現し井岡が勝てばキャリアで大きな功績を収めることができる相手だが合意に向けコロナ対策で敷かれている水際対策などハードルがある。

 スーパーフライ級はWBA・WBC統一王者エストラーダをはじめ、ロマゴン、シーサケットとビッグネームが名を連ねアンカハスは地味な存在だが、9度の防衛に成功し長期政権を築いた王者の左の破壊力は抜群で評価も高い。高いレベルの技術を持つ井岡との統一戦はハイレベルな戦いになることは間違いない。

Sponsor Link


Sponsor Link

井岡、アンカハス交渉具体化

 「井岡との統一戦に向け動いている」。

 フィリピン、ビジネス・ミラー誌によると、アンカハスをプロモートするMPプロモーションズ代表ショーン・ギボンズ氏は対抗WBO王者井岡一翔と統一戦交渉に従事していることを明らかにした。

 もともと、アンカハス陣営は井岡一翔との統一戦に意欲を示していたが2021年内ではなく2022年以降。年内最後は北米で防衛戦を計画していることを明かしていた。ここにきて方針転換した理由は何だったのだろうか。

Sponsor Link

アンカハス陣営は交渉に苦戦

 「北米では誰もお金を払ってくれない」。

 金銭的な条件で苦戦を強いられていることを明かしたギボンズ氏。

 母国にマーケットがないボクサーは海外に出向くしか無い。王者といっても軽量級に関心が薄い北米で希望する報酬を受取ることは簡単なことではない。バンタム級まで広げても対戦相手探しは難航したことは間違いない。

 直近の報酬は確認できなかったが、船井戦は17万5000ドル(約1930万円)。アンカハスはトップランク社と契約を結び報酬を上げてきたが、このあたりが天井だろう。

 報酬を大幅にあげるにはWBA・WBC世界スーパーフライ級統一王者エストラーダ(メキシコ)やローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との統一戦に限られるが合意は簡単にはいかない。

Sponsor Link

スーパーフライ級は混戦

 アンカハスはビッグ・ファイトに絞るなら年末、井岡との統一戦一択だ。WBC・WBA王者への挑戦は難しい。WBA・WBC2団体のベルトをまとめるエストラーダはロマゴンと再戦が12月予定。そして、その後WBC、WBAが指名戦を命じたことで渋滞中。アンカハスが入り込む余地はない。

 WBCは、勝者に対しシーサケット対クアドラス戦の勝者と対戦させるつもりだが、WBAは勝者とジョシュア・フランコ(米)戦を義務付けることを発表。つまり、エストラーダ対ロマゴンの勝者はWBA・WBC何れかのベルト返上を余儀なくされる可能性がある。

 かといって、米プロベラム社と契約した同法ベテランのドニー・ニエテスと戦ったとしても報酬とリスクは釣り合いがとれない。

Sponsor Link

井岡対アンカハス2021年大晦日実現か

 実現の度合いは、ビッグ・ファイト路線のアンカハス陣営がどこまで歩み寄るかだろう。スーパーフライ、バンタムで大金が転がり込むマッチメークは限られる。

 もともと、アンカハス陣営はバンタム級参戦をほのめかしていたが、覇権争いは加熱している。ベルトを持っていないアンカハスが直ぐにタイトルをもつドネアやカシメロ、井上へ挑戦することは現実的とは思えない。

 「敵地での試合は問題ではない。たた、コロナの検疫の規制を確認する必要がある」。

 大晦日マネーでアンカハスを招致することは難しくないだろう。日本で井上や村田と並び高視聴率を叩き出す井岡とアンカハスの統一戦が決まれば大規模イベントになり興行的にも成功が見えている。

 統一戦を掲げる2人にとって選択肢は少ない。大晦日マネーが期待できる日本での統一戦は、今が最高のタイミングと言える。とりわけ、懸念されるのが日本政府が敷いている新型コロナウイルスの水際対策だ。現状、入国規制は緩和されつつあるが、2週間の隔離措置があり合意する上でネックとなる。

 井岡の直近の相手フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアは2週間の隔離措置という条件を飲んでくれたが、コンディション調整、トレーニングに支障をきたすなか世界タイトルを保持するアンカハス陣営が同意するかは不透明感が漂う。

 何れにせよ、交渉の残り時間は少なく破断すれば、井岡、アンカハスは対戦相手探しを迫られる。

Sponsor Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください