井上尚弥がニューズウィーク日本版に登場!

 現WBA・IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥がニューズウィーク日本版8/10・17号特集に登場。世界が尊敬する日本人100に選出。「国境を超えて世界を動かす逸材」として紹介されている。購入はこちらからどうぞ。

 紙面では歌舞伎俳優の市川海老蔵をはじめ、マスターズを制覇したプロゴルファー松山英樹、YouTuber、eスポーツで活躍する人々が紹介されている。

購入はこちらからどうぞ。

 井上の紹介ページの面積は大きくなく、ボクシング・ファンにとって内容は物足りないが1人のアスリートとして注目を浴びていることは間違いない。

 WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)シーズン2バンタム級で優勝、米有力プロモータートップランク社と契約を機に国際舞台に立つ1人のアスリートとして注目を浴び世界的な評価を上げている。

 年内にもWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦をのぞむ井上。米本土で共同プロモートするトップランク社ボブ・アラム氏と帝拳プロモーションズのあいだで再戦交渉がスタートしている。

 商業的に日本開催が現実的だが、足元ではデルタ株の感染拡大の影響で新規感染者数が急増。合意に向け最大の懸念材料は新型コロナウイルスの動向だ。ワクチン接種でどこまで抑え込めるのか。日本開催にあたり有観客は絶対条件だろう。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください