カネロ9月18日撤退11月プラント戦実現を目指す

 カネロは9月18日に予定されていた試合から撤退を表明。仕切り直しが決まった。IBF世界スーパーミドル級王者カレブ・プラント(米)戦の交渉が失敗したカネロは9月18日の期限に追われ、WBA世界ライトヘビー級王者ディミトリー・ビボル(ロシア)戦にカジをきったもの日程を11月に延期する決断をした。

 カネロは2018年以来、3年連続メキシコの独立記念日の週末を逃す事態となった。プラントとの交渉破断、ディミトリー・ビボル(ロシア)戦の交渉、プラントとの再戦交渉を簡単にみてみたい。

Sponsor Link


Sponsor Link

カネロ対プラント交渉まとまらず破断

Embed from Getty Images

 5月、WBO王者BJ・サンダース(英)戦後、パズルの最後のピースIBFタイトルをもつカレブ・プラント(米)戦の交渉がはじまったが条件面で決裂。Aサイドがカネロだったが、プラントと契約するパワフル・アドバイザー、アル・ヘイモン氏が指揮するPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)も譲らなかった。

 米ESPN(スポーツ専門チャンネル)から米地上FOX・PPV(ペイ・パー・ビュー)で合意が近いと報じられたが寸前で決裂。カネロの最低保障は4000万ドルとキャリア最高額。プラントもキャリア最高の1000万ドル保証されたが合意には至らなかった。

 PBCサイドはカネロ陣営の要求を全てのむつもりはなかったのだろう。いくらカネロが交渉の主導権を握っているとはいえ強引過ぎる感じは否めない。もちろん、両陣営が主張しているだけで、真実かはわからないが。プラントは全ての条件に同意したという。

 PPV歩合、リングサイズに関して同意したが、カネロ陣営はプラントが負傷し試合出場ができなくなった場合、代替選手に対しても同額の報酬をPBCに要求。契約にはカネロが試合出場ができなくなった場合、プラント陣営は代役はおろかカネロの回復を待たなければならなかったという。

 そして、米ESPNによればPBC陣営はプラント戦のほか12月メキシコ、さらにもう1試合追加の契約を条件に追加したという。どういった時系列かはわからないが、交渉の駆け引きはエスカレートしどちらも歩み寄らずに決裂したことは間違いない。

 交渉のカギを握るとされていたのがカネロがPBCと単線契約できるかどうかだった。まず、驚きだったのはカネロの最低保証金額が4000万ドル掲示されたことだった。

 PBCは単線契約でもメリットは生み出せるが、資金回収するにはPPVは150万世帯以上を売り上げる必要がある。FOXでメインに抜擢されるプラントは看板選手にちがいないが、PPVファイトは未経験でマーケット需要は不透明感があった。

 プラント戦交渉決裂の記事は、「カネロ対プラント4団体統一交渉決裂の理由次戦はどうなるのか」こちらの記事を読んで欲しい。

Sponsor Link

ディミトリー・ビボル戦も時間切れ

Embed from Getty Images

 9月18日、最終リミットは7月末だったがプラント戦が決裂。カネロは、WBA世界ライトヘビー級王者ディミトリー・ビボル(ロシア)戦に方針を固めるが時間切れ。9月18日から撤退、11月に切り直しを決めた。だが、時間があるからといってプラントとの統一戦交渉がまとまるかは不透明だ。

 ビボル戦はスピード締結する期待があったが決まらなかった。一刻も早く試合を決める必要があったカネロ。ビボルはカネロと親交を深めるマッチルーム・ボクシングが契約していることで早期に合意する可能性があった。

 実際、ライトヘビー級(175ポンド)を下回る172ポンド契約ウェイトでビボル陣営が同意するところまで具体化したが、カネロ陣営は最良の相手を求め9月撤退を決め11月に仕切り直すことを発表。ビボル陣営は振り回されたが、停滞していたライトヘビー級戦線が動き出すきっかけになるかもしれない。

 そして、気になるのがプラントとの交渉の行方だ。11月に延期したことで交渉期間をつくることができたが、課題は多い。カネロの単線契約がまとまるかが焦点となる。最低保障4000万ドル、怪我をした場合の保証。どちらかが歩み寄らないとまた交渉決裂なんて事になりかねない。

 何れにしても、スーパーミドル級、WBA・WBO・WBC3団体をまとめるカネロの最優先課題は4団体統一だ。カネロ陣営の参謀、マネージャー兼トレーナーのエディ・レイノソ氏はプラントとの交渉を再開したという。交渉の行方に注目したい。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください