DigitTimesによると、台湾のサプライチェーンの話からすると、アップル新型12インチ「MacBook Air」は10月より少量を生産し、11月から生産台数を増加させると報じている。

サプライ・チェーンの話によると、初期の生産歩留まりの影響も有り当分の間は生産数に影響がでて、クリスマス年末までに出荷出来ない可能性があると報じている。2014年10月のスペシャル・イベントで新型12インチ「MacBook Air」のお披露目は難しいのかもしれない。恐らく2015年以降のリリースになるだろう。

Sponsor Link
新型12インチ「MacBook Air」はこちらの記事でも紹介したとおり、ファンレス設計、Retinaディスプレイ搭載との噂がある。個人的には、今アップル製品で最も購入したい製品でリリースが待ち遠しい。

関連記事:
12インチ MacBook Air Retinaディスプレイは2015年中頃発売予定でスペースグレー、ゴールドカラーも
次期「MacBook Air」「Broadwell」搭載の発売は2015年1月~3月の可能性が高い

(Via: DigiTimes)