アップル次期iPhone「iPhone 6」厚さ6mm、重くなるのか? 

CrossMapによると、アップルが2014年内に発表する次期iPhone「iPhone 6(仮称)」の本体の厚みが現行の「iPhone 5s」の7.6mmより薄い6mmになり、重量が重くなると報じています。

次期iPhoneは、先日こちらの記事でお伝えしたとおり、ディスプレイサイズが「4.7インチ」と「5.7インチ」の2種類のモデルが登場するといわれてます。筐体は、金属となるようです。重量が重くなるというのは金属筐体、サイズアップの影響であろうと思います。

現行のiPhonと比較しても「6mm」となるとかなり薄型となりますね。ただ、次期iPhoneはディスプレイが大型化され、質量が増加するので現行のiPhoneと比較すると重くなりそうですね。

Via: 気になる、記になる…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください