正式決定!ブローナー、ポーター次戦6月20日MGMグランドで対戦

image source to:The Ring

PBC(プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ)は、現地時間12日(火)元3階級制覇エイドリアン・ブローナーと元IBF世界ウェルター級王者ショーン・ポーターの試合が決まったことを発表。試合は、米国現地時間6月20日、ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、米3大ネットワークの1つNBCでプライム・タイムに放送される。

公式発表はまだされてないが、試合はキャッチウェイトで行われ、ウェルター級リミット(147ポンド)ではなく145パンドで行われるという。同興行のアンダーカードに、オリンピアンでウェルター級の新鋭、エロール・スペンスJr.(16-0,13KO)と、ロベルト・ガルシアの試合が内定している。

Sponsor Link

エロール・スペンスJr.、オリンピアンで真相は定かではないが、スパーリングでエイドリアン・ブローナーをKO、フロイド・メイウェザーJr.を圧倒したなどのエピソードがある。サウスポーのボクサー・ファイターは、攻撃だけでなくディフェンスの精度も高い。将来的に、ウェルター級の中心人物となるのは確実いっていいだろう。ロバート・ガルシアに勝利すれば一段階上のステージにのし上がる。

エイドリアン・ブローナーは、マイダナの敗戦後、順当に勝ち星を増やしているが、ジョン・モリナJr.との試合は勝利したが、エキサイティングにかける試合で会場からのブーイングも起きていた。ショーン・ポーター戦はブローナーの真価が問われる試合となる。

ショーン・ポーターは危険な相手、接近戦を許せばポーターの危険なパンチが襲ってくる。ブローナーは、スピードはあるもの踏み込みが浅く、スーパーライト級でもパワー不足感は歪めない。ブローナーが勝つには、距離感が最大のキーポイント。この試合は両者にとって大事な試合となり、メイウェザー、パッキャオ後のスター候補の1人を決める試合となることは確実だ。

(Via: Premium Boxing Champions

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください