リナレス、コット、カネロ再戦交渉、今日気になった世界のボクシングニュース

photo credit by:The Ring Magazine

今日は、ハビエル・メンドサの防衛戦、ホルヘ・リナレスの次期指名試合の相手、コット、カネロの話題に触れようと思う。

ハビエル・メンドサ、ミラン・メリンドと防衛戦か?

Zanferプロモーションによると、IBF世界ライト・フライ級王者 ハビエル・メンドサの次戦の対戦候補として、ミラン・メリンド(フィリピン)の名前が上がっている。ミラン・メリンドは全勝で2013年7月27日、WBAスーパー/WBO世界ライト・フライ級統一王者 ファン・フランシスコ・エストラーダと対戦し負けている。こちらの記事で紹介したとおり、ドネアの復帰戦となる2015年3月28日の興行に組まれる予定だったが、4月25日に開催を予定しているようだ。

関連記事:・ノニト・ドネア、次戦、2015年再起戦が3月28日にフィリピンで行われることが決定した

ホルヘ・リナレス、指名挑戦者が決定

photo credit by:The Ring Magazine

photo credit by:The Ring Magazine

2014年12月30日、ハビエル・プエルトとのWBC世界ライト級王座決定戦を制したホルヘ・リナレスの義務的な防衛戦の相手としてダニエル・エストラーダとWBCライト級シルバータイトルマッチを制した”ケビン・ミッチェル”に決まった。ホルヘ・リナレスは、次戦以降WBCより義務的な防衛戦の相手として、ケビン・ミッチェルと対戦することが義務付けられることになる。

リナレスの次戦は、こちらの記事で紹介したとおり、ユリキス・ガンボアが候補として上がっている。WBC世界ライト級を制したリナレス、ハビエル・プリエトとの王座決定戦後他団体のベルトに興味を示したが統一戦に名乗りを上げるのはまだ早い。この先は強者とのマッチメイクが待っている。ここからがリナレスの本番となるだろう。

関連記事:・ホルヘ・リナレス、ガンボアと次戦2015年春に対戦実現か?

Sponsor Link

デ・ラ・ホーヤ、コット、カネロ戦今後も交渉する

B4dxIIrCcAAzCri

ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP) CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤが、コット、カネロのメガマッチを再度交渉する意向を示していることが分かった。こちらの記事で紹介したおり、2014年から期待されていたコット、カネロのメガマッチはファイト・マネーに関してコット陣営が合意に至らず消滅した。オスカー・デ・ラ・ホーヤは、再度交渉する前提条件として、カネロが次戦カークランドに勝利することを上げている。デ・ラ・ホーヤは、「この試合はファンが観たい望んでいる試合だ。どちらが勝つかわからない。コットとの交渉は難しいが興行的に観ても魅力的なカードこの対戦は実現したい 」と述べている。

コット、カネロは、2014年から実現の噂が有り最も高角度に決まるとされているとビッグカードだったが、交渉が長引き暗礁に乗り上げコット陣営のファイト・マネーで合意に至らず消滅。この対戦カードは是非とも実現して欲しいカードだ。

関連記事:・コット、カネロ、消滅!2015年5月2日交渉決裂の理由は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください