WBC世界フライ級王者 ローマン・ゴンサレスが、2015年年末にWBOスーパーフライ級王者 井上尚弥と対戦したい意向を示した。ローマン・ゴンサレスの2度目の防衛戦は、2015年2月28日故郷ニカラグア、マナグアで予定。対戦相手は正式決定はしてないが、ヴァレンティン・レオン(メキシコ)が有力候補として上がっている。ローマン・ゴンサレスは、今年後半にもスーパーフライ級で井上尚弥と対戦したいと述べた。今後はフライ級の統一戦に方向性を定めている。

Sponsor Link

ロマゴンのファイトプラン

ローマン・ゴンサレスは、2月以降、2015年5月にファン・フランシスコ・エストラーダとの再戦が浮上。エストラーダのプロモーター Zanferプロモーション、フェルナンド・ベルトランは、ロマゴンとの対戦に意欲を示しながらも対戦が実現されるかはまだ分からないと述べている。エストラーダは次戦、2015年3月7日中国マカオ、ベネチアン・リゾート・ホテル コタイ・アリーナでブライアン・ビロリアと再戦する計画がある。

ローマン・ゴンサレスは、こちらの記事で紹介したとおり、エストラーダとのリマッチにファイト・マネー1億円を要求、お互いにファイト・マネーが保証されなければ対戦には合意しないと述べている。

尚、ローマン・ゴンサレス、ファン・フランシスコ・エストラーダの再戦には、HBO(米ケーブルTV局)も興味を示していることから対戦が実現されればHBO中継となる可能性がある。

井上尚弥のファイトプラン

オマール・ナルバエスを下しWBO世界スーパーフライ級王者となった井上尚弥は、初防衛戦の相手にWBOランキング1位 マックジョー・アローヨ(16戦全勝・無敗)との対戦を熱望。アローヨは、プエルトリカンの全勝・無敗のサウスポー、WBOのランキングでは恐らく一番の強者だろう。ナルバエスを簡単に仕留めてしまった井上尚弥そのポテンシャルは計り知れないが、アローヨは、フィジカル、タフネス、スピードも有り、KO率は高くないがパワフルなボクサー、対戦が実現されれば井上尚弥も簡単にクリアできる相手ではないだろう。

ロマゴン、井上尚弥ともに次戦は強者とのマッチメイクが待っているお互いに簡単にクリアできる相手ではない。井上尚弥は、米ボクシング・メディアboxingsceneで”Fighter Of the Year 2014”を受賞、アローヨに勝利することができれば世界的に名が知れ米国での評価もナルバエスを下した今以上にあがるだろう。ローマン・ゴンサレス、次戦以降にエストラーダとのリマッチが待っているエストラーダに勝利しフライ級統一王者となればこの2人の対戦は自然と浮上してくるはずだ。両陣営のプロモーターも対戦を望んでいることから2015年後半〜2016年に対戦が実現される可能性は高い。

関連記事:・1億円希望、ロマゴン、エストラーダとの再戦に1億円を希望していることがわかった

ロマゴン、井上尚弥、2015年年末に実現か?!帝拳本田会長が井上との対戦に興味を示している

(Via: boxingscene