ロマチェンコ、ウォータース、ジョニゴン、ラッセルJr、2015年フェザー級戦線

image source to:The Ring TV

トップランク(ボクシング・プロモーター)ボブ・アラムは、2015年後半にIBF世界フェザー級王者 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBAフェザー級王者 ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)の統一戦の計画があることをESPNにレポートしている。次戦、ロマチェンコ、ウォータースが勝利した後に、IBF/WBAの統一戦が行われるようだ。

ワシル・ロマチェンコの次戦は、2015年4月25日に米ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン(以下MSG)でおこなわれる「ウラジミール・クリチコvsブライアント・ジェニングス」のアンダーカードで出場が計画されている。ニコラス・ウォータース、次戦は、テレンス・クロフォードのアンダーカードで出場が計画されており、米オマハで4月か5月に試合が予定されている。

統一戦が行われれば、HBO放送メインイベントで対戦カードが組まれるだろう。開催地は2人とも出場経験がある米ロサンゼルス スタブハブ・センターが有力候補となるが、ロマチェンコの次戦がMSGで行われることを考えるとMSGも候補の1つになる。

Sponsor Link

フェザー級サバイバルマッチ、ジョニゴン、マレス、ラッセルJr.

こちらの記事で紹介したが、ヘイモン・ボクシング、NBCで行われる「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(以下PBC)シリーズでアル・ヘイモンは、2015年3月28日、ジョニー・ゴンサレスとゲイリー・ラッセルJr.の対戦計画をしている。ジョニゴンと対戦を熱望するアブネル・マレスは、PBC初興行の3月7日に現在対戦者未定だが、出場が内定。アル・ヘイモンは、2015年6月に「ジョニー・ゴンサレス vs ゲイリー・ラッセルJr.」の勝者と「 アブネル・マレス vs TBA(対戦者未定)」の勝者を対戦させる計画を立てているようだ。

アブネル・マレスは、レオ・サンタ・クルスとの対戦計画があるが、上記のとおりアル・ヘイモンの計画どおりであれば消滅するか、2015年6月以降となりそうだ。ロマチェンコ、ウォータースの統一戦が決まれば、2015年ビッグマッチになる。ジョニゴン、ラッセルJr.、マレスとのサバイバル・マッチ後に、ロマチェンコ・ウォータースの勝者との統一戦も面白い試合になりそうだが、アル・ヘイモン、トップランクが絡むことから対戦実現は難しだろう。

ロマチェンコ、ウォータースは、プロモーターの障害もなく実現性は高い。2人とも知名度はまだ低いが、今後フェザー級戦線の中心人物となることは確かだ。レオ・サンタ・クルスもフェザー級へ参戦することを示唆し、役者も揃うことから2015年はビッグマッチが期待される。

関連記事:
ジョニゴン、次戦はゲイリー・ラッセルJrと2015年3月に対戦か?!

アブネル・マレス、次戦は2015年3月7日NBCとヘイモンの興行に出場か?!

(Via: ESPN boxing )

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください