カール・フロッチ怪我で次戦は2015年夏頃

WBA/IBF世界スーパーミドル級王者 カール・フロッチが練習中に肘を負傷。怪我の影響でリングへの復帰は夏頃を予定していることがわかった。

カール・フロッチをプロモートする、マッチルーム・スポーツ エディ・ハーンは、フリオ・セサール・チャベスJr.との対戦交渉の為、チャベスJrの代理人である「 アル・ヘイモン 」と2015年3月28日米ラスベガスでの開催に向けて調整していた。

Sponsor Link

エディー・ハーンは、チャベスJrとの対戦に向けて交渉をし、準備が出来ていただけに失望は隠せないようだ。フロッチの2015年のファイト・プランについては、来週に協議を行い夏頃復帰を目指すと述べている。また、今後のWBA、IBFの防衛戦の詳細について来週中に結論を出すとしている。

IBF(ボクシング世界評議会)は、カール・フロッチに対して、次戦は義務的な指名挑戦試合「 ジェームス・ディゲール 」との試合を命じている。プロモーター、エディ・ハーンは、今月中に、合意、辞退、例外申請の結論を出す必要がある。

こちらの記事で紹介した、チャベスJrとの興行で計画されていたIBF世界ウェルター級王者 ケル・ブルックの初防衛戦は、2015年3月28日、故郷であるイギリス、シェフィールド、モーターポイント・アリーナで開催されることが、マッチルーム・プロモーションから正式に発表された。エディ・ハーンは、今週中に対戦相手を発表すると述べている。

フロッチ、チャベスJrの対戦カードは2015年注目度の高いカードだったが、フロッチの怪我により3月の戦いは消滅した。チャベスJrはトップランクと契約期間を巡り法廷闘争中のことを考えると、契約問題を解決すれば再度、対戦の話が浮上してくるのでは無いかと思っている。何れにしても、この対戦カードは観たい。

関連記事:・カール・フロッチ、次戦、2015年3月28日チャベスJrとの対戦が合意間近、ケル・ブルックも同一興行で初防衛戦か?!

(Via: RingTV.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください