今週まとめ、1月12日週、海外ボクシング情報気になるニュース、メイウェザー、パッキャオ、カネロ、コット

2015年1月12日〜2015年1月18日までの世界のボクシング、海外ニュース情報、気になるトピックをまとめた。

メイウェザー、パッキャオ戦

米トップランク(ボクシング・プロモーター)CEO ボブ・アラムは、マニー・パッキャオがフロイド・メイウェザーJr.との対戦について、交渉条件全てに合意したことを発表。残すは、フロイド・メイウェザーJr.の承認を得るだけだと話した。

ボブ・アラムによると、フロイド・メイウェザーJr.サイドの代表と契約合意に至っているがフロイド・メイウェザーJr.の承認がまだ取れていないと話している。ボブ・アラムは、この交渉に期限は設けない構えだ。我々は、フロイド・メイウェザーJr.サイドから良い回答が来ることを期待し待っていると述べている。

現在、Showtime ゼネラル・マネージャー エスピノサ、Showtimeの親会社にあたるCBS CEO(最高経営責任者)、HBO CEO(最高経営責任者)リチャード・プレップラー、首脳陣で放映権、プロモーション、制作について協議を行っている。

記事:・200億円超え、メイウェザー、パッキャオ、2015年5月2日最新情報

コット、カネロ戦

photo credity  by:delacalleboxing

photo credity by:delacalleboxing

ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)CEO(最高経営責任者)オスカー・デ・ラ・ホーヤが、2015年5月2日に対戦合意に向けて交渉されていたサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)とミゲール・コット(プエルトリコ)の交渉が決裂したことを発表した。

記事:・コット、カネロ、消滅!2015年5月2日交渉決裂の理由は

セサール・セダ、GBP離脱しアル・ヘイモンと契約し次戦は2015年3月7日予定

photo credit by:Showtime

photo credit by:Showtime

スーパーバンタム級 セサール・セダが、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)を離脱し、大物アドバイザー アル・ヘイモン氏と契約したことがわかった。

記事:・セサール・セダ、GBP離脱しアル・ヘイモンと契約し次戦は2015年3月7日予定

ノニト・ドネア、次戦、2015年再起戦が3月28日にフィリピンで行われることが決定した

photo source by:RingTV

photo source by:RingTV

ノニト・ドネアの再起戦が、2015年3月28日、9年ぶりに母国フィリピン、メトロ・マニラ、モール・オブ・アジアで開催されることが決まった。ドネアは、2014年10月18日に、ニコラス・ウォータースに敗れて以来のリング復帰となる。

記事:・ノニト・ドネア、次戦、2015年再起戦が3月28日にフィリピンで行われることが決定した

サーマン、ゲレロがアル・ヘイモンとNBC興行で2015年3月7日に対戦することが決定

pbcnbc_1000

米国現地時間、2015年1月14日、ニューヨークNBCスタジオにて、アル・ヘイモン(ヘイモン・ボクシング)、NBCスポーツが提携し、2015年3月7日にスタートする「 プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ 」ボクシングTVシリーズの記者会見が開催された。

記事:・サーマン、ゲレロがアル・ヘイモンとNBC興行で2015年3月7日に対戦することが決定

ジョニゴン、次戦はゲイリー・ラッセルJrと2015年3月に対戦か?!

WBC世界フェザー級王者 ジョニー・ゴンサレスのプロモーター、オズワルド・クチュレによると、2015年のファイトプランは、ゲイリー・ラッセルJr、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルスと対戦する計画があることがわかった。

記事:・ジョニゴン、次戦はゲイリー・ラッセルJrと2015年3月に対戦か?!

アブネル・マレス、次戦は2015年3月7日NBCとヘイモンの興行に出場か?!

box_e_mares_b2_576

元3階級制覇王者 アブネル・マレス(メキシコ)の次戦が、プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ(ヘイモン・ボクシングxNBC 以下PBCと記す)の初興行となる2015年3月7日に内定していることがわかった。現時点では、対戦相手は未定となっている。

記事:・

デビッド・レミュー GBPと契約

イボン・ミシェルと再契約せず、デビッド・レミューは、フリーエージェント宣言したが、その直後、GBPと契約したようだ。2014年12月にガブリエル・ロサドとの対戦が評価を得て契約に繋がったようだ。こちらの記事でも紹介したが、主力選手を大量に失ったGBPは精力的に契約選手を増やしている。レミューとの契約もその影響だろう。

カルロス・クアドラス コンセプションと次戦2/28対戦か?

WBC世界スーパーフライ級王者 カルロス・クアドラスの次戦の相手に、ルイス・コンセプションが浮上、日程は2/28日メキシコで行われる予定とされている。

1/19週主な試合

1/24

興行:トップランク
場所:米 コロラド州 ブルームフィールド 1stバンクセンター

・ウェルター級12回戦
ブランドン・リオス vs マイク・アルバラード 3

1/20 WOWOWエキサイトマッチ

WOWOWプライム:放送時間 18:00 〜 20:00

・ウェルター級 12回戦
ティモシー・ブラッドリー vs ディエゴ・チャベス

・WBO世界ミドル級王座決定戦
アンディ・リー vs マット・コロボフ

筆者も加入している「 WOWOWエキサイトマッチ 」では、フロイド・メイウェザーJr、マニー・パッキャオ、の試合をはじめ主要4団体のタイトルマッチを含め世界のボクシングを提供してます。世界のボクシングに興味がある方は、以下のリンクから是非登録してください。

WOWOW

先週の主なニュース

メイウェザー、パッキャオ戦、パッキャオ陣営が全ての交渉条件に同意。メイウェザー陣営も合意が取れているが、フロイド・メイウェザーJr.の承認が取れていない。このドリーム・マッチを放送する、HBO、Showtimeの首脳陣で放映権、制作、プロモーションについて協議されている。最後の難関として、フロイド・メイウェザーJrの承認、放映局問題だけとなった。

GBP オスカー・デ・ラ・ホーヤとリチャード・シェーファーの和解。GBPから主力選手であるアル・ヘイモン傘下の選手との契約放棄は大きなニュースだった。GBPも、デビッド・レミューを初め新たな選手と契約を交わしている。

Sponsor Link

アル・ヘイモンが、アメリカ4大ネットワークの1つであるNBCと提携し「 プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ 」ボクシングTVシリーズの記者会見が行われた。注目カード、サーマンvsゲレロ、ブローナーvsモリナが発表された。他にも、アンドレ・ベルト、セサール・セダ、アブネル・マレスなどが内定、米国地上波プライム・タイムにボクシング中継が復活する。

メガファイト、コットvsカネロ戦の消滅。コット側が報酬配分に合意が取れず交渉が決裂となった。メガ・ファイトになると期待されていただけに残念な結果となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください