ジョニゴン、次戦はゲイリー・ラッセルJrと2015年3月に対戦か?!

WBC世界フェザー級王者 ジョニー・ゴンサレスのプロモーター、オズワルド・クチュレによると、2015年のファイトプランは、ゲイリー・ラッセルJr、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルスと対戦する計画があることがわかった。

オズワルト・クチュレによると、ジョニー・ゴンサレスの次戦は2015年3月「ゲイリー・ラッセルJr」と対戦する方向で交渉が進んでおり、週末までに交渉がまとまりそうだと述べている。ゲイリー・ラッセルJr.に勝利した後のファイト・プランとして、2015年6月に「 アブネル・マレス 」、2015年9月12日(メキシコの独立記念日)に「 レオ・サンタ・クルス 」と対戦する計画があることを明らかにした。

Sponsor Link

ジョニゴン WBCから指名試合2試合をオーダー

image source to:WBC

image source to:WBC

WBC(世界ボクシング評議会)は、ジョニー・ゴンサレスへ2015年、指名試合(義務的な防衛戦)2試合をオーダー。1月26日「 ロッキー・ファレス vs カステリャノス 」の勝者が、第1指名挑戦者。試合日未定「 ソンソナ vs ペレス 」の勝者が第2指名挑戦者としてWBCが承認している。ジョニー・ゴンサレスは、2年以上義務付けられている指名試合を回避している。

マレス、サンタ・クルス戦について

以前より、ジョニー・ゴンサレスは、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルス戦について意欲を示している。こちらの記事で紹介したが、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)が、レオ・サンタ・クルスとアブネル・マレスの対戦の計画を立てている。

しかし、アブネル・マレスはGBPを離脱しアル・ヘイモンと契約を交わしている。こちらの記事でも紹介したが、GBPと「 ヘイモン・ボクシング 」の今後の関係性が不明確なので、場合によっては消滅する可能性もあるが、アル・ヘイモンの右腕、「サム・ワトソン」によれば、プロモーターは弊害にならないとのコメントもあるので「 レオ・サンタ・クルス vs アブネル・マレス 」戦の角度が高いと思われる。

2年以上、指名試合を回避してきたジョニゴンことジョニー・ゴンサレス。2015年は指名試合を2試合連続でオーダーされていることを考えると、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルス戦は難しいように思える。

しかし、レオ・サンタ・クルスは2016年フェザー級に階級を上げることを示唆していることから、ジョニー・ゴンサレス、アブネル・マレス、メキシカン3人のフェザー級でのサバイバル・マッチが行われれば面白いかもしれない。

関連記事:・レオ・サンタ・クルス、次戦はヘスス・ルイス2015年1月17日に対戦することが確定

・揺れるGBP、アル・ヘイモンの思惑とは?世界のボクシング界に衝撃が走った

・サーマン、ゲレロがアル・ヘイモンとNBC興行で2015年3月7日に対戦することが決定

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. はな より:

    ジョニゴンにとってラッセルは相性がいいとは言えない相手に思えますが……。
    自分はサンタクルスとの試合が見たいですが、いきなり階級上げて挑戦ってのも難しいでしょうね。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください