スーパーバンタム級 セサール・セダが、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)を離脱し、大物アドバイザー アル・ヘイモン氏と契約したことがわかった。

セサール・セダの父でありトレーナーを務める、セサール・セダ Sr.によると、GBPへ契約関係で離脱を要請後、大物アドバイザー アル・ヘイモン氏と3年契約を2014年12月に結んだと話している。また、次戦については2015年3月7日に予定しているようだ。

GBP エリック・ゴメスは、契約解除の理由として複数の試合のオファーをセサール・セダが断ったからだとしている。セサール・セダは、イヴァン・モラレスとの試合計画があったがメキシコでの開催を理由に対戦のオファーを断った。

Sponsor Link

また、2015年3月に予定されている試合は、スーパーバンタム級で予定しているが、WBO世界バンタム級王者 亀田和毅とバンタム級で対戦することも考えているようだ。こちらの記事で紹介したが、亀田和毅は次戦はWBA世界バンタム級王者 ジェイミー・マクドネルとの統一戦が行われることがほぼ内定していることから、セダと対戦することは無いだろう。

2015年3月から、アル・ヘイモンは、NBCスポーツと提携しボクシング中継をTVシリーズ化し地上波で提供することが決まっていることから、セサール・セダもヘイモンxNBC興行に出場することが考えられる。こちらの記事でも紹介したが、アル・ヘイモンと契約している多くのボクサーがGBPから離脱している。アル・ヘイモンは、米国現地時間、2015年1月14日アメリカ、ニューヨーク、NBCビルにてNBCスポーツの会見を開く予定となっている。

関連記事:揺れるGBP、アル・ヘイモンの思惑とは?世界のボクシング界に衝撃が走った
亀田和毅、次戦は2015年3月ジェイミー・マクドネルとWBA・WBO統一戦がほぼ確定

(Via: boxingscene )