WBAスーパー世界ミドル級王者 アンドレ・ウォードが、Jay-Z率いるロック・ネイション・スポーツと契約したことがわかった。

米国現地時間、2015年1月9日、アンドレ・ウォードは、グーゼン・プロモーションズプロモーター契約を解消することで合意した後、ロック・ネイション・スポーツとの契約にサインをした。

Sponsor Link

神の子と呼ばれる、アンドレ・ウォードは、プロモーターとの問題で2016年まで試合が出来ないのではと懸念されていた。アンドレ・ウォードは、グーゼン・プロモーションと契約していたが、ウォードがプロモーターとの契約無効を訴えた。米カリフォルニア州アスレチック委員会が、契約は「 2016年11月8日 」まで有効とウォードの主張を却下。

グーゼン・プロモーションとウォードの契約解消についての詳細は明らかにされていない。グーセン・プロモーションズ トム・ブラウン氏は、この結果に満足していないようだ。ロック・ネイション・スポーツは、元ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ COO David Itskowitch氏を迎い入れ、ゲイリー・プロダクションの買収、プロモーターライセンス取得、契約選手を着実に増やし環境が整ってきた。米国現地時間、2015年1月9日、米ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデンで初興行が決まっている。

キース・サーマンの獲得に失敗したロック・ネイション・スポーツだが、アンドレ・ウォードの獲得は大きいだろう。こちらの記事でも紹介したが、ギレルモ・リゴンドーが2015年1月に再度、ロック・ネイション・スポーツと契約内容について協議するようだ、エイドリアン・ブローナーにオファーしたという話もある。プロモーターとしては、話題性のあるボクサーを獲得しなければ興行的に成功することは難しい。

2013年11月から試合をしていないアンドレ・ウォードがリングに復帰できる準備が整ったことが嬉しい。今後のロック・ネイション・スポーツの動きに注目したい。

関連記事:リゴンドー、2015年ロック・ネイション・スポーツと契約か?!米国のTV局に戻ってくる

(Via :RingTV.com)