メイウェザー、コットとの再戦が2015年5月2日に浮上アル・ヘイモンが48億円でオファー?!

2015年5月2日に計画されている、ミゲール・コットとサウル・カネロ・アルバレスの対戦の交渉が難航し、コットの(プランB)としてフロイド・メイウェザーJr.との再戦の可能性がでてきた。

カネロのプロモーターである、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP) CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤは、「 コット vs カネロ」の対戦が両者が合意されたようなツィートをしているが、コットのアドバイザーであるガビー・ペニャガリカーノ氏は、対戦合意について否定している。

ガビー・ペニャガリーノ氏は、カネロ戦については我々まだ交渉段階にあり、交渉にはあと数週間かかる見込みだとコメント。また、フロイド・メイウェザーJr.との再戦についても可能性が有り次戦の対戦候補として存在することを明らかにし、メイウェザー、パッキャオ戦が実現されるか確認する必要があるとコメントしている。

Sponsor Link

コットは、次戦について、自身のキャリアのベストの試合を望み、自身にとって有益であるならばどんな対戦でも行う構えのようだ。コットは、現在、GBPに対して適切な要求をしGBPからの回答を待っているとコメントしている。

2015年5月2日誰の手に

2015年ドリームファイト、フロイド・メイウェザーJr.とマニー・パッキャオとのドリーム・マッチが近年で最も実現に近づいているのは確かだ。しかし、状況は、対戦相手・試合日程・人間関係と多様な問題があり複雑化してきている。

試合日程、2015年5月2日は、サウル・カネロ・アルバレス次戦コット戦へ向けて、GBPが既に予約済みとなっているが、フロイド・メイウェザーJr.は、次戦は2015年5月2日にマニー・パッキャオと試合をすると公言。試合日程に関して、お互いに一歩も譲らない姿勢を見せている。「 コット vs カネロ 」も対戦も合意には至っていない。

アル・ヘイモンが40億のオファー

フロイド・メイウェザーのチームが、コット側と接触したという情報もあり、アル・ヘイモンが$40ミリオン(日本円で約48億円)でコット側にオーファーをしたという話がある。ガビー・ペニャガリーノ氏は、オファーがあった話は否定している。

近年、PPV件数が100万件に届かない、フロイド・メイウェザーJr.は、次戦はPPV収益も見込める、メガ・ファイトを望んでいることは確かだろう。コットは、2014年6月セルヒオ・マルチネスに勝利し話題性もあり、交渉観点からもマニー・パッキャオとの対戦よりも容易でPPV収益も十分見込め再戦の可能せも十分考えられる。

コット側も、フロイド・メイウェザーJr.とマニー・パッキャオの対戦の実現性を観ている。コット側に強力なプランBがあることから、現実路線から言えば、「 コット vs カネロ」の対戦角度は高いが、交渉次第では、最悪の場合「 コット、カネロ 」の対戦が消滅する可能性も考えられる。

オスカー・デ・ラ・ホーヤとしては、「 コット vs カネロ 」は何としてでも実現したい試合。しかし、マニー・パッキャオとのメガマッチを匂わせるメイウェザー、この男の思惑次第では、今後の展開・予想が全くわからない。鍵を握るのは、メイウェザーだろう。ただ、コット、カネロの、交渉リミットも2015年1月となっていることから、大きな動かあるとすれば 2015年1月以降と思われる。

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください