2014年12月14日〜12月21日までの世界のボクシング気になるトピックをまとめた。

メイウェザー、パッキャオ戦実現なるか?

前回までの話は、こちらの記事を参照して欲しい。現在、フロイド・メイウェザーの次戦に戦うとされている有力候補アミール・カーンが、12月13日デボン・アレキサンダーに3-0の大差の判定で勝利を収めた。

Sponsor Link

興行したゴールデン・ボーイ・プロモーション(以下GBP)CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏もカーンのスピード、コンビネーションを絶賛、メイウェザー、パッキャオと同等クラスだとコメントしメイウェザー戦を後押ししている。

パッキャオとの舌合戦も活発化し、パッキャオは「問題はファイトマネーではない」と自ら、ファイトマネーの問題はないことを公言している。

前回も話したが、メイウェザー、パッキャオ戦の障害となるのは、トップランクCEO ボブ・アラムもあるが、カネロvsコットの日程もある。カネロ側が、2015年5月2日を希望していることだ。しかし、まだコットとの対戦合意には至っていない。コット側の日程要求がプエルトリカン・パレードのある2015年6月という希望が有り、日程調整で難航しているようだ。

デ・ラ・ホーヤ氏は、メイウェザーvsパッキャオが実現するのであれば、カネロを説得しなければならないとコメント。また、カネロvsコットの移動日を2015年5月5日で考えているようだ。

トップランク CEO ボブ・アラムは、メイウェザーが5/2に試合をすることに対して合意しない構えを見せてる。カネロは、5/2は、メキシカンが戦うべき日だと主張し、アラムも同意している。

デ・ラ・ホーヤ氏は、5/5にスライドする案を出しているが、興行観点からしても同月の興行にはならないと考えている。カネロvsコットも年内合意と思われたが、少し時間がかかりそうだ。

コバレフ vs パスカルが確定

photo credit by:The Sweet Science

photo credit by:The Sweet Science

コバレフのIBF指名挑戦者試合が例外処置され一時回避され、ジャン・パスカルとの対戦が、2015年3月14日、カナダ、モントリオール ベル・センターで決定した。

記事:セルゲイ・コバレフ、IBF指名挑戦試合を例外処置が承認、次戦はジャン・パスカルと2015年3月14日に対戦することがほぼ確定

スタイバーン、ワイルダー 2015年1月17日WBC世界ヘビー級タイトルマッチが確定

image source to:The Sun

image source to:The Sun

米国Showtime、ゴールデン・ボーイ、プロモーションズ(以下GBP)オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏より、2015年1月17日ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナにて、WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者 ベルマン・スタイバーンとデオンタイ・ワイルダーの対戦が合意に至り、正式に発表された。

記事:スタイバーン、ワイルダー 2015年1月17日WBC世界ヘビー級タイトルマッチが確定

キース・サーマン2015年次戦はマルコス・マイダナと対戦したい意向を示している

IMG_4338

2014年12月13日、米ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナでレオナルド・ブンドゥを相手に大差の判定で勝利したキース・サーマン次戦の対戦相手に、マルコス・マイダナを上げた。

記事:キース・サーマン2015年次戦はマルコス・マイダナと対戦したい意向を示している

2014年12月13日、HBO、Showtime、カーン、アレキサンダー視聴率

photo credit by:ESPN Boxing

photo credit by:ESPN Boxing

2014年12月13日、米ラスベガス、MGMグランド・ガーデン・アリーナ、コスモポリタンホテルで行われたゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)、トップランク主催の2大ボクシングイベントの視聴率が明らかとなり、HBOに軍配があがった。

記事:2014年12月13日、HBO、Showtime、カーン、アレキサンダー視聴率

WBCがメイウェザーへの挑戦者決定戦のトーナメントを承認した

image source tobadlefthook

image source tobadlefthook

WBC(世界ボクシング評議会)は、米ラスベガス ミラージュ・リゾート&カジノで、WBC/WBA王者 フロイド・メイウェザーJrへの挑戦者を決める、挑戦者決定戦をトップボクサー8人でトーナメント形式で決めることを承認した。

記事:WBCがメイウェザーへの挑戦者決定戦のトーナメントを承認した

エストラーダ、次戦は2015年はブライアン・ビロリアとの再戦計画があることがわかった

image source to:ProBoxing-fans.com

image source to:ProBoxing-fans.com

2015年3月7日、行わる予定のゾウ・シミンとアムナットとのアンダーカードに、WBAスーパー世界フライ級/WBO世界フライ級 統一王者、フアン・フランシスコ・エストラーダとブライアン・ビロリアの再戦が計画されていることがわかった。

記事:エストラーダ、次戦は2015年はブライアン・ビロリアとの再戦計画があることがわかった

ゴロフキン、マレー戦へ向けて調整開始2015年次戦以降の対戦相手は

photo credit by:fightnews.com

photo credit by:fightnews.com

WBA/WBC暫定/IBOミドル王者、ゲンナジー・ゴロフキンが、次戦のマーティン・マレー戦に向けて、米 カリフォルニア ビッグ・ベアー・レイクでトレーニングを開始したことがわかった。

記事:ゴロフキン、マレー戦へ向けて調整開始2015年次戦以降の対戦相手は

WBC会長スレイマンが、山中慎介、レオ・サンタ・クルス、メイウェザーに統一戦の必要性について言及

image source to:WBC

image source to:WBC

WBC(世界ボクシング評議会)会長、マウリシオ・スレイマンは、近い将来統一戦が必要だとコメントしていることがわかった。

記事:WBC会長スレイマンが、山中慎介、レオ・サンタ・クルス、メイウェザーに統一戦の必要性について言及

フランプトン、2015年にスコット・クイッグとの統一戦に意向を示しWBAの真の王者はリゴンドーだと主張

image source to:The Ring Magazine

image source to:The Ring Magazine


IBF世界スーパーバンタム級王者、カール・フランプトンが、2015年スコット・クイッグとの対戦に意欲的であることがわかった。また、WBAの真の王者はギレルモ・リンゴーだと主張。

記事:フランプトン、2015年にスコット・クイッグとの統一戦に意向を示しWBAの真の王者はリゴンドーだと主張

関連記事:
今週まとめ、12月8日週、世界のボクシング、メイウェザー、カネロ、クイッグ気になるトピックのまとめ
今週まとめ、2014年11月30週、世界のボクシング、メイウェザー、カネロ、リゴンドー気になるトピックのまとめ