テレンス・クロフォード、次戦はスーパーライト級に転向か?!

2014年11月29日、アメリカ、ネブラスカ州オマハにて、指名挑戦者ランキング1位のレイムンド・ベルトラン(メキシコ)に勝利した WBO世界ライト級王者 テレンス・クロフォードは、スーパーライト級に転向する可能性がでてきた。

クロフォードは、試合当日は18ポンド増量している。試合後、マックス・ケラーマンにインタビューで、「 私は、17歳から135lbsで戦っている。今、階級をあげるときだ」次戦はスーパーライト級に転向をする可能性があるとコメントしている。

Sponsor Link

ベルトラン戦のクロフォードはライト級の選手とは思えないほど体が大きかった印象だ。減量苦という噂もあるので次戦はライト級のタイトルを返上し、スーパーライト級に転向する可能性も十分にある。パッキャオがスーパーライト級に落とすという話もある、スーパーライト級は、ダニー・ガルシア、ルーカス・マティセ、レイモント・ピーターソン、ルスラン・プロボドニコフと強者揃い。全勝のクロフォード、2015年のファイトプランが楽しみになってきた。

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください