RingTV.comによると、ゴールデン・プロモーション(以下GBP)オスカー・デ・ラ・ホーヤが、2015年のビッグファイトに向けて、大物アドバイザー アル・ヘイモンと会談し戦略を練るとコメントしているとレポートしている。

デ・ラ・ホーヤは、今休息をとっていて今週(米国現地時間11月27日)にアドバイザーのアル・ヘイモンと会談する。デ・ラ・ホーヤは、RingTV.comのインタビューで、WBA/WBC世界スーパーライト級王者 ダニー・ガルシアとIBF世界スーパーライト級王者 レイモント・ピーターソンの統一戦を2015年第1四半期に実現したいとコメント。また、キース・サーマン、ロバート・ゲレロ、マルコス・マイダナ、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルスの対戦ついても検討中のようだ。

キース・サーマンは、次戦は2014年12月13日MGMグランドでレオナルド・ブンドゥとの対戦が決まっている。マルコス・マイダナのマネージャは、キース・サーマンとの対戦に意欲的のようだ。ロバート・ゲレロは、メイウェザーに敗れた後カムバック戦で亀海喜寛に判定勝利している。

Sponsor Link
デ・ラ・ホーヤが来年もう1つ実現したいカードに、アブネル・マレス(メキシコ)、レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を上げ、ファンが観たい試合だとし、アル・ヘイモンと話合うとコメント。アブネル・マレスは、こちらの記事でも紹介したが、2014年12月13日にホセ・ラミレスと戦うことが決まっている。レオ・サンタ・クルスは、2014年9月にマヌエル・ローマンに勝利している。先の話になるが、開催地は米ロサンゼル、ステープルズ・センターが候補のようだ。

マルコス・マイダナは、2015年4月に復帰戦という話もある。キース・サーマンとの対戦が決まれば面白い試合になりそうだ。マルコス・マイダナはメイウェザー戦でビッグネームの仲間入りしているだけに、知名度が欲しいキース・サーマンにとっては実現し勝利すればもう1段階上のステージに登ることができそうだ。キース・サーマンは、4月に試合をして以降試合をしていない。Jay-Z引きいるロック・ネーションからオファーの話もあったようだが、断ったようだ。

2015年、メイウェザー、パッキャオを中心にスーパーライト、ウェルター級戦線から目が離せない。トップランク、HBOとの関係も修復してることから、個人的には、アル・ヘイモン傘下選手とトップランク・ファイターとの対戦、例えば、プロボトニコフvsマティセだ。

トップランクは、ウェルター級、スーパーライトのマッチメイクは所属選手だけでは難しくなってるのが現状だ。デ・ラ・ホーヤが間にはいって、ビッグマッチを実現して欲しい。

関連記事:
レオ・サンタ・クルスとアブネル・マレスが2015年対戦か?!
アブネル・マレス、次戦は2014年12月13日、ホセ・ラミレスと対戦か?

(Via: The Ring)