亀田和毅、次戦は2015年3月ジェイミー・マクドネルとWBA・WBO統一戦がほぼ確定

image source to:izquierdazo

Matchroomプロモーション、エディ・ハーンは、WBO世界バンタム級王者 亀田和毅とWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルの両者が対戦の契約に署名をしたと発表した。

エディ・ハーンは、2014年11月22日イギリス、リバプール、エコーアリーナでジェイミー・マクドネルがハビエル・ニコラスに勝利した後、亀田和毅との統一戦に署名がされたことを明らかにした。亀田和毅は、アレハンドロ・エルナンデスに勝利した後、契約に署名しているようだ。エディ・ハーンは、この試合を2015年3月、開催地はラスベガスを考えているようだ。

こちらの記事でも紹介したが、亀田和毅、ジェイミー・マクドネルとの統一戦の話は、亀田がヘイモンと契約した後、エディ・ハーン、アル・ヘイモン側で合意していたという話だ。亀田和毅は、2014年11月1日にアレハンドロ・エルナンデスに判定勝利、マクドネルは、2014年11月22日英国リバプール、エコーアリーナでハビエル・ニコラスに勝利している。

Sponsor Link
恐らく、メインカードのアンダーカードで行われると予想している。亀田和毅は、明確にエルナンデスに勝利したが、米国でのファンの心を掴めただろうか。米国では試合に勝つことも大事だが、勝つこと以上にファンを喜ばせ、プロモーター、メディアに評価を得なければならない。次戦は統一戦となり、ファイトマネーも$1Mになるとの噂もある。

米国でアル・ヘイモンと契約しチャンスを得て、次戦は統一戦。和毅への期待も大きい。「アレハンドロ・エルナンデス」戦は、勝利したとはいえ試合内容に満足していないボクシングファンも多い。ジェイミー・マクドネルとの試合は間違いなく軽量級ではビッグカード、アル・ヘイモンと契約し、エルナンデス戦で勝利はしたが亀田和毅の本当のテストマッチは、次戦のジェイミー・マクドネルとの統一戦だ。次戦は、ファンは勿論、メディア、プロモーターに絶対的な評価が求めらる、アル・ヘイモンとの契約で得たチャンスを無駄にしないで欲しい。

関連記事:
亀田和毅、エルナンデスに勝利し次戦は、2015年マクドネルとの統一戦か?!
亀田和毅、2015年 ジェイミー・マクドネルとWBO、WBA王座統一戦のプランが浮上!
亀田和毅、大物マネージャーのアル・ヘイモンと契約!次戦は米国が主戦場となる

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください