EPSN Boxingによると、ゴールデン・ボーイ・プロモーション(以下GBP)が、2014年12月6日に内定されていたサウル・カネロ・アルバレスの試合を中止したことを発表した。

カネロは、12月6日の試合に向けてトレーニングを開始したが、足首に問題を抱えており5マイル(約8km)も走しることができず、医師に見せたところ約6週間の休養が必要ということが試合の中止理由だとGBP CEOデ・ラ・ホーヤがコメントした。

サウル・カネロ・アルバレスは、2014年12月6日アメリカテキサス州アラモドームで試合が行うことが決まっており、その対戦相手には元IBFウェルター級王者「ジョシュア・クロッティ」が候補として上がっていた。カネロは、こちらの記事でも紹介したとおり9月29日に、米国Showtimeとの契約を早期に終え、HBOをと長期契約を結んだばかりだ。クロッティとの対戦が高角度で内定していたが公式アナウンスが無かったのは、カネロの怪我の経過を見てからとの判断だったのだろう。同記事によると、「 アルフレド・アングロ 」、「 エリスランディ・ララ 」と対戦した時から足首の故障があったという。

カネロは、こちらの記事でも紹介したとおり、2015年5月にWBCミドル級王者コットとの対戦がほぼ内定している。カネロの次戦は、年内試合が不可能のところを見ると、試合間隔、リスクなどを考えると次戦は2015年5月になる可能性が高いと言える。

関連記事
サウル・カネロ・アルバレス vs ミゲル・コット 2015年5月に実現か?メイウェザーの次戦とかぶる
サウル・カネロ・アルバレス HBOと契約、次戦は12月6日クロッティとの対戦が濃厚

(Via: ESPN Boxing)