2014年11月22日、イギリス リバプール、エコーアリーナで行われるボクシングのビッグイベント、WBO世界クルーザー級挑戦者決定戦「 ネイサン・クレバリー vs トニー・べリュー 2」 のチケットが発売開始から48時間たたずに売り切れたようだ。

プロモートするエディ・ハーンは、エコーアリーナで開催されるスポーツイベントで、最も早くチケットが売れたイベントだとコメントしている。こちらの記事でも紹介したが、同一興行のアンダーカードに、WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、「 スコット・クイッグ 対戦者未定 」、WBA世界バンタム級タイトルマッチ「 ジェイミー・マクドネル vs ワルベルト・ラモス 」、スーパーミドル級 ジェイムス・デゲール、2012年オリンピック金メダリストのアンソニー・ジョシュア選手の試合が内定され、豪華な興行となっていてイギリスでも注目度の高いボクシング・イベントとなっている。

Sponsor Link

対戦カード

・メインイベント WBO世界クルーザー級挑戦者決定戦 12回戦
ネイサン・クレバリー vs トニー・ベリュー 2
ネイサン・クレバリーは元WBO世界ライトヘビー級王者、セルゲイ・コバレフに負け王座陥落、その後はクルーザー級に転向している。トニー・べリューとは2011年10月15日に対戦し判定勝利していて今回は、リマッチとなる。

・アンダーカード
WBA世界バンタム級タイトルマッチ 12回戦
スコット・クイッグ vs 大竹秀典
リゴンドー、フランプトンとの統一戦の声があがっているスコット・クイッグ。今回は、次戦の統一戦に向けての前哨戦という位置づけだろう。

WBCシルバー スーパーミドル級 12回戦
ジョージ・グローブス vs デニス・ダグリン
カール・フロッチに負けて、クリストファーに勝ちWBCシルバーのタイトルとったグローブス、初防衛戦の相手は世界戦の経験はなくまだ若手だ。スピード、テクニックでは、グローブスが圧倒的に有利だと思う。

スーパーミドル級 12回戦
ジェイムス・ディゲール vs マルコ・アントニオ・ペリバン

ブリティッシュ ヘビー級挑戦者決定戦
アンソニー・ジョシュア vs スプロット

ジェイミー・マクドネル vs ワルベルト・ラモス
こちらの記事で紹介したとおり、マクドネルは、2015年亀田興毅との王座統一戦をするとの話もある。ラモスはWBAランキング12位 23勝(KO 16)6敗(KO 4)引き分け2、世界戦は、2006年WBOフライ級タイトルマッチ以降は無し、コロンビアを拠点としている選手。マクドネルは次戦のビッグマッチの前哨戦なのか。

他多数有り

今回のイギリス、リバプールでのボクシングイベントはチケットの売れ行きからも注目度の高いイベントといえるだろう。対戦カードを観ても、W世界タイトルマッチ、5輪ゴールドメダリスト「アンソニー・ジョシュア」、IBFスーパーミドル級ランキング1位の「ジェイムス・デゲール」の世界前哨戦と見応えあるカードが揃ってる。スコット・クイッグの防衛戦の相手に「和氣慎吾」が決まれば、こんな良い大舞台はそうそうない。是非決まって欲しい。

関連記事:
大竹秀典、11月22日英国エコーアリーナでスコット・クイッグの防衛戦の相手に正式に決定
和氣慎吾、スコット・クイッグとの世界タイトルマッチは足首の負傷で対戦候補から外れた
世界戦! 和氣慎吾 次戦、WBA王者スコット・クイッグと交渉中、2014年11月22日イギリスでの興行となるか!
亀田和毅、2015年 ジェイミー・マクドネルとWBO、WBA王座統一戦のプランが浮上!

(Via:boxingscene )