ローマン・ゴンサレス、次戦は11月22日、ロマゴン、ロッキー・フェンテスと対戦か

photo credit by:boxingscene

boxingsceneによると、WBCフライ級王者ローマン・ゴンサレスの初防衛戦の日程は、11月22日、日本、ロッキー・フェンテス(フィリピン)が候補としてあがっていると報告している。

Sponsor Link
同レポートのソースはニカラグアからのもので、試合日程日、挑戦者については確定情報ではない。11月22日はエキサイトマッチ「 Touch WOWOW 2014 」横浜国際プールでボクシングの興行が行われる。現時点では対戦カードが未定だが、年内に試合を行うのであれば最適な興行日程ではないかと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=bQ9HioD6zRo

ロッキー・フェンテス(フィリピン)は、元OPBFフライ級の選手、33勝(KO 20)7敗(KO 2)2引き分けのレコードを持つ。日本にも試合経験があり、井上尚弥のスパーリング・パートナーを務めたこともある。最近では、2014年1月22日にIBFフライ級王者アムナットと対戦してるが判定で破れてる。フェンテスは、ガードを高めに上げて左から自分のペースを作るボクサーファイター型だ、ディフェンスもブロッキングだけでなく、ヘッドスリップも使い状態も柔らかい選手。実力ある選手だが、世界戦は2014年1月に行われた、アムナットの1試合のみだ。ローマン・ゴンサレスとの試合が決まれば面白い試合になりそうだ。

3階級を制覇したローマン・ゴンサレスは、5階級制覇、バンタム級まで視野を入れてるようだ。近い将来、リマッチが噂されてるエストラーダは、スーパー・フライ級にあげるとの噂もある。両者のリマッチは、フライ級ではなく「スーパーフライ級」で行われる可能性もある。今後、新たな情報があり次第更新します。

(Via: boxingscene )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください