クリス・アバロス、ギレルモ・リゴンドー戦をスキップしフランプトン戦へ向けて交渉開始か

先日、入札が決まったWBOの指名試合、WBO/WBAスーパー世界スーパーバンタム級王者 ギレルモ・リゴンドーと「 クリス・アバロス 」との一戦は、クリス・アバロス側が辞退を表明した。

こちらの記事でも紹介したが、リゴンドー側のCaribeプロモーションが興行権を落札したが、「 クリス・アバロス 」の辞退となり、リゴンドーは対戦相手を探すことになった。辞退理由については、明らかとなっていないが「クリス・アバロス」側のプロモーターがトップランクということ、条件面で折り合いがつかなかったのではないかと思う。 クリス・アバロス 」サイドは、リスク、条件面を踏まえると辞退という結果になってもおかしくない。

関連記事:
ギレルモ・リゴンドー次戦はアバロスとの試合が濃厚、2014年は11月22日マイアミかドミニカ

WBA/WBO統一王者 ギレルモ・リゴンドーは、現状スーパーバンタム級では最強と言っても良いだろう。パンチのキレ、スピード、ディフェンス、スーパーバンタム級の他団体の王者と比較しても、技術レベルは一段階上の領域にいる。しかし、ボクシングに必要なエンターテイメント性がかけている。そんなことお構いなしのギレルモ・リゴンドー、「 サンタ・クルス 」との統一戦の話もあるがそう簡単に決まるとは思えない。

カール・フランプトン戦へ向けて交渉開始

トップランク副社長、カール・モレッティは、「クリス・アバロス」サイドは、IBF王者カール・フランプトンとの対戦に向けて、エディ・ハーン側と調整するとコメント。尚、試合日程は2015年第1四半期、中国マカオを考えているとのこと。

(Via: ESPN Boxing)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください