ドリームファイト 2015年5月に実現か!フロイド・メイウェザー vs マニー・パッキャオ

photo by:That's ENUFF

CBS Sportsによると、米国トップランク・プロモーション、ボブ・アラム氏が、サンフランシスコ クロニクルに2015年内に「 フロイド・メイウェザー(米国) vs マニー・パッキャオ(フィリピン) 」の対戦が実現するかもしれないと伝えたと報じている。

また、同記事によると、ボム・アラム氏が、CBS/Showtime、HBO放送局と同試合について議論し、両放送局がこの対戦が起きることを望んでいると発言したと伝えてる。

メイウェザーの引退は2015年

6階級制覇、現WBAスーパー/WBC世界ウェルター、スーパーウェルター級の異なるベルトを2本保持する異例の6階級制覇王者、フロイド・メイウェザー、6階級制覇王者、マニー・パッキャオとのドリーム・カードの噂。2014年9月に再選されるマルコス・マイダナの話もあるが、早くも2015年の噂、最近ではtwitterなどでも同対戦カード噂が飛び交うことが多い。
メイウェザーは、Showtimeと6試合を契約し2015年9月を最後に引退を示唆する可能性を発表している。

プロモーター、TV局、個人間の問題

photo by:The Ring TV

photo by:The Ring TV

パッキャオがウェルター級に階級を上げた2008年位から対戦の噂があったが実現していない。対戦の実現が難しいのは、プロモーター間と放送局の問題がある。2008年以降、ゴールデン・ボーイ・プロモーション(以下GBP)、トップランクとの冷戦が始まり試合の実現性のハードルは更に上がった。パッキャオが所属するトップ・ランク、放送局との契約はHBO、対してメイウェザーはHBOを離れ大物アドバイザー、アル・ヘイモンと契約し、2013年「Showtime」と「6試合200億円」で契約し、GBPと共に興行している。HBO、Showtimeはライバル局だ。当時GBP CEOだった、リチャード・シェーファーとメイウェザーはトップランクCEO「ボブ・アラム」とはビジネスをしないと断言している。

ドリーム・カードの実現性について

個人的には、放送局、プロモーター間の問題が解決すれば実現の可能性はあると思う。放送局の例を挙げると2002年の「 マイク・タイソン vs レノックス・ルイス 」戦、当時マイク・タイソンは「Showtime」と契約、ルイスは「HBO」と契約し対戦の実現は困難とされていたが、「HBO」「Showtime」両TV局が異例の共同中継するという形で合意に至り、対戦が実現している。

今、GBP取り仕切るのは、オスカー・デ・ラ・ホーヤだ。リチャード・シェーファーが辞任した理由の1つとして、デ・ラ・ホーヤ氏との方向性が異なったからとの噂もある。デ・ラ・ホーヤ氏は、今後はファンが観たい試合をマッチメイクしたいとし、トップランクとの関係修復を図りたいとしていた。

2014年もHBOがGBPの選手の試合は放送しなかったが、GBPからリチャード・シェーファーが去った今、GBPとトップランクとの関係が良い方向に向かっている。米国現地時間、2014年11月8日に行われる、世界L・ヘビー級王座統一戦「 バーナード・ホプキンス vs セルゲイ・コバレフ 」ホプキンスはGBPだが、HBOで放送されることが決まっている。最近では、次戦サウル・カネロ・アルバレスが、HBO(Non-PPV)になるとの話がある。カネロ自身は、TV局との契約はなくフリーの状況である。

少なからず、対戦の可能性はあると思うが、ボブ・アラム、メイウェザーとの個人的問題、大物アドバイザー、アル・ヘイモンの影響もあると思うのでハードルは高いと思う。パッキャオ、メイウェザー、両者世代はほぼ同じだが、活躍していた階級が異なるスーパースター、両者6階級制覇王者、パッキャオがスーパーフェザー級で活躍していた頃は、決して交わることがないと思っていた。個人的にはなんとしてでも2015年に実現して欲しいと思ってる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください