ESPN Boxingによると、元世界ウェルター級王者、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)の次戦は、「HBO」で通常放送される可能性があると報じている。

2013年終わりに、元ゴールデン・ボーイ・プロモーション(以下GBP) リチャード・シェーファーが、カネロは「Showtime」PPV放送枠で3回戦うと発表した。カネロは現時点で、「Showtime」PPV放送で、4月にアルフレド・アングロ、7月にエリスランディ・ララと対戦している。PPVの購入件数は、アングロ戦が350,000,ララ戦が、300,000となっている。

カネロ次戦HBO放送か

カネロの次戦の日程は2014年11月中旬12月前半で調整され開催地はラスベガス以外、アメリカ テキサス州、サン・アントニオ・アラモドームか、カーソンズ、スタブハブセンターが候補、現在対戦相手は未定だが「ジェームス・カークランド(アメリカ)」との対戦が濃厚だ。「HBO」放送というのは、2015年に実現すると噂されている「 ミゲール・コット 」とのメガ・ファイトを見込んで「HBO」放送になる可能性が考えられる。

カネロは、GBP直属の契約選手で放映局との契約はしていない。2014年11月には、バーナード・ホプキンス、コバレフが、「 HBO 」での放送が確定していることから、「GBP-トップランク」との関係も改善に向かっていることから、今後GBP選手がHBOで放送されることは改善され障害にならない可能性が高い。

コット次戦の相手は

こちらの記事でも紹介したとおり、コット次戦の日程は、米国現地時間、2014年12月13日、ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン、対戦相手は未定だが、アンディ・リーになる可能性が高い。ゴロフキン、チャベスJrとの噂もあったが恐らくないだろう。ゴロフキン戦があるとすれば、来年以降ゴロフキンの知名度が高くなりPPV収益が見込めてからになる可能性が高いと思ってる。

カネロ、コット戦が実現すればメガ・ファイトになるのは確実、2人とも人気が高くPPV収益も大いに見込まれると思う。コットは、マルチネス戦でのPPV件数が350,000件となっいて、人気の高い両者だがPPV件数としては低い。この数字は乱立するPPVも大いに影響がありそうだ。2015年にメガ・ファイトに向けて、両者の勝利を願う。

(Via: ESPN Boxing)