WBC世界Sフェザー級王者ベルチェル、来年2018年にオルランド・サリドと対戦か?!

photo by:boxingscene

 WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)/33戦32勝(28KO)1敗の次期対戦候補として、元WBO世界スーパーフェザー級王者オルランド・サリド(メキシコ)/62戦44勝(31KO)13敗(5KO)4無効試合が浮上したことが分かった。

 まだ具体的な交渉ははじまってないもの、双方をプロモートするサンフィール・プロモーション(メキシコ大手ボクシング・プロモーター)のフェルナンド・ベルトラン氏が2018年第1四半期に実現したい意向を示している。

 フェルナンド・ベルトラン氏は、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェルの防衛戦前に、オルランド・サリドの次戦にプエルトリカンの選手を用意し、11月に米・ニューヨークで開催する方針であることを明かしている。

[ninja]

 「これは我々がもっている1つの提案なんだ。ファンはこの対決が起こることを望んでいるよう思えるんだ。サリドがメキシコのボクシング界にとって何を意味するのか分かっているし、ベルチェルがここ数年で成し遂げたことも素晴らしいことだしね。全てが順調にいけば来年にロサンゼルスで戦うことになるだろう」。と述べている。

 一方のベルチェルは、右手を負傷し年内の防衛戦は難しく防衛戦は2018年のはじめ頃になる見通し。2017年7月15日米・カリフォルニア州イングルウッドにあるザ・フォーラムで行われた三浦隆司との防衛戦で右手を負傷。ベルチェル陣営は手術の必要はなくギブスで固定し、6週間後にはリハビリを開始できると報じている。
 
 ミゲル・ベルチェルは、2017年7月15日米・カリフォルニア州イングルウッドにあるザ・フォーラムで、WBC同級1位の三浦隆司(帝拳)と対戦し、12回3-0(116-111, 119-108, 120-107)の判定勝ちを収め、初防衛に成功している。

Sponsor Link

ベルチェルの関連記事はこちら

WBC世界S・フェザー級王者ベルチェルが右手を負傷していることが分かった

米・ボクシングシーンによると、WBC世界スーパーフェザー級王者・ミゲル・ベルチェル(メキシコ)/ 33戦32勝(28KO)1敗 が右手を負傷。2017年内の防衛戦が難しい状態であることが分かった。 …

WBC王者ベルチェル、三浦隆司に完勝、今後は誰とでも戦う準備がある

米・ボクシングシーンによると、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)は次戦、誰とでも戦う準備があることを明かしている。フランシスコ・バルガス(メキシコ)との乱打戦を制し、三浦隆司(帝拳)との一戦ではクレバーな一面を披露し3−0で完勝している。 …

[ninja]

WBO世界Sフェザー級王者ロマチェンコ、マリアガに圧勝!

マッチメークに斬新さがなく関心の低かったWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対ミゲル・マリアガ(コロンビア)の一戦は、大方の予想どおりロマチェンコ劇場で幕を閉じた。内容は言うまでもなくロマチェンコの圧勝。しかし、ロマチェンコがスターダムにのし上がるにはこの先のマッチメークは困難を極めそうだ。 …

オススメ記事

WBC世界Sミドル級王座決定戦がベナビデス対ガフリルで行なわれる

スーパーミドル級史上最年少王者誕生となるだろうか。米国現地時間2017年9月8日にネバタ州ラスベガスにあるハードロック・ホテル&カジノで、バドゥ・ジャック(スウェーデン)が王座を返上し空位となったWBC世界スーパーミドル級王座決定戦、同級4位のデビッド・べナビデス(米)/18戦全勝17KOと同級6位のロナルド・ガフリル(ルーマニア)/19戦18勝(14KO)1敗の公式計量が行われ両選手が計量…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください