井岡一翔、次戦大晦日にスタンプ・キャットニワットと防衛戦か?!

image source to:The Ring

 WBA(世界ボクシング協会)は現地時間10月6日、WBA世界フライ級王者・井岡一翔(井岡)に対し、同級ランキング1位スタンプ・キャットニワット(タイ)との対戦を義務付け、両陣営に対し交渉を開始するよう通達した。

 30日間の交渉期間が与えられ、交渉が纏まらない場合興行権は入札となる。井岡ジムの井岡一法会長は、WBAからランキング1位と対戦するよう指示があることを明かしていた。

 井岡陣営は、WBAからファン・フランシスコ・エストラーダの王座統一戦を受け、2016年大晦日開催の実現へ向け交渉していく方針を示しファン、関係者は期待していたが、エストラーダが同級王座を返上したことにより王座統一戦は消滅した。

[ninja]

 エストラーダ陣営は、井岡一翔との王座統一戦に意欲を示しファンの期待は高まっていたが、怪我から復帰したエストラーダ陣営は2016年末迄に2試合消化を希望。年末開催を希望する井岡陣営と開催日程を巡り交渉は難航していた。

 エストラーダ陣営は2016年9月20日、メキシコで記者会見を開催しスーパーフライ級参戦を正式に表明。10月8日メキシコ、ノンタイトル、スーパーフライ級10回戦で、レイモンド・タブゴン(フィリピン)と対戦する。

 エストラーダは、WBC世界スーパーフライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との再戦、同級WBO王者・井上尚弥(大橋)、カルロス・クアドラス(メキシコ)、同級WBA王者・ルイス・コンセプション(パナマ)ら強豪とのマッチメークを希望している。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

井岡、エストラーダの関連記事はこちら

井岡一翔、エストラーダとの王座統一戦が事実上消滅した!

エストラーダ、井岡一翔の交渉は事実上消滅  WBA・WBO世界フライ級統一王者・ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がWBA、WBOの両王座を正式に返上することを発表した。日本のボクシング・ファンの間では近年稀に見るフライ級屈指の好カード実現として交渉の成り行きが注目されていたが、エストラーダが王座を返上することにより、同級正規王者・井岡一翔(井岡)の王座統一戦は事実上消滅した。 …

Sponsor Link

エストラーダ、10月8日レイモンド・タブゴンを相手に復帰戦が決定!

PFP(パウンド・フォー・パウンド)No1.WBC世界スーパーフライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が参戦し、北米でWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)らとの統一戦のビッグマッチの機運が高まる激戦区スーパーフライ級に、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が正式に参戦を表明した。 …

オススメ記事

亀田和毅、協栄ジムと契約、復帰戦は10月15日メキシコ

国内ライセンスを失効。日本国内で試合が出来ない状態であった為、メキシコ、米国を拠点に活動していた元WBO世界バンタム級王者・亀田和毅が、今後は国内で試合ができる見通しであることが明らかになった。 …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください