今週のボクシング記事まとめ、世界のボクシングニュース

image source to:The Ring

2015年12月14日〜2015年12月20日までの世界のボクシング、海外ニュース情報、気になるトピックをまとめました。ボリュームがあるので目次をつけたので気になる記事を御覧ください。

1. 今週の人気記事TOP5

・1位 続報!内山高志、2016年春頃米国進出が大筋合意 10,439 PV

・2位 内山高志、ウォータース、2016年第1四半期実現へ向け交渉か?! 8,906 PV

・3位 亀海喜寛、ヘスス・ソト・カラスと次戦対戦か?! 4,832 PV

・4位 木村悠、ゲバラ、2度目の防衛戦で再戦か?! 4,533 PV

・5位 コバレフ、スティーブンソンの4団体王座統一戦シリーズ 2 3,669PV

Sponsor Link

2. 続報!内山高志、2016年春頃米国進出が大筋合意

image source to:The Ring

image source to:The Ring

「ウォータース、ソーサの勝者と内山が試合をする」そう語ったのは、米・大手ボクシング・プロモーター トップランク社 ボブ・アラム氏だった。米国進出が期待される内山高志は、(ウォータース、ソーサ戦)の勝者と試合を行うことが、大筋合意済みだという。

記事:続報!内山高志、2016年春頃米国進出が大筋合意

3. 内山高志、ウォータース、2016年第1四半期実現へ向け交渉か?!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

2016年”Axeman”の年になる」そう断言したのは、元WBA世界フェザー級スーパー王者・ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)だ。ウォータースをプロモートする米・大手ボクシング・プロモーターのトップランク ボブ・アラム氏は、帝拳プロモーションズ 本田会長と会談。

記事:内山高志、ウォータース、2016年第1四半期実現へ向け交渉か?!

4. 亀海喜寛、ヘスス・ソト・カラスと次戦対戦か?!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

亀海喜寛(帝拳)、アルフォンソ・ゴメス(メキシコ)に敗戦したが、北米のリングに上がるチャンスが再びやってきた。亀海を帝拳プロモーションズと共に、プロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)マッチメーカーのロバート・ディアス氏は、ヘスス・ソト・カラス(メキシコ)と亀海喜寛のマッチメイクを考えていることを明かした。

記事:亀海喜寛、ヘスス・ソト・カラスと次戦対戦か?!

5. 木村悠、ゲバラ、2度目の防衛戦で再戦か?!

image source to:fightnews.com Photos: Naoki Fukuda

image source to:fightnews.com Photos: Naoki Fukuda

「間違った判定だ」2015年11月28日宮城にあるセビオ・アリーナ仙台で行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチの王座防衛に失敗したペドロ・ゲバラ(メキシコ)はそう語った。ペドロ・ゲバラは、木村悠(帝拳)と対戦し12回、1−2(117-111、2者が113-115)の判定負けで3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

記事:木村悠、ゲバラ、2度目の防衛戦で再戦か?!

6. コバレフ、スティーブンソンの4団体王座統一戦シリーズ 2

image source to:The Ring by Naoki Fukuda

image source to:The Ring by Naoki Fukuda

2016年、WBA・WBO・IBF3団体統一世界ライトヘビー級王者・セルゲイ・コバレフ(ロシア)、WBC世界ライトヘビー級王者・アドニス・スティーブンソン(カナダ)とのライトヘビー級4団体統一戦は実現するのだろうか。勝者は、ライトヘビー級「最強の称号」を得ることになる。

記事:コバレフ、スティーブンソンの4団体王座統一戦シリーズ 2

7. カネロ、ゴロフキン、交渉は月曜日まで延期

photo credit by:badlefthook

photo credit by:badlefthook

 WBC(世界ボクシング評議会)は、2016年統一戦の実現へ向け交渉が進められているWBC世界ミドル級サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)と、WBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)の交渉期限を、2015年12月14日まで延期することを発表。試合実現への期待感が高まるが、交渉は難航しているようだ。

記事:カネロ、ゴロフキン、交渉は月曜日まで延期

8. カネロ、ゴロフキンとの統一戦は2016年9月へ先延ばし

photo credit by:badlefthook

photo credit by:badlefthook

2016年、実現が期待されるビッグマッチ、WBC世界ミドル級王者・サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)対WBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)の統一戦なのは間違い無い。WBCは(世界ボクシング評議会)は、この2人に統一戦を行うよう義務付けている。

記事:カネロ、ゴロフキンとの統一戦は2016年9月へ先延ばし

9. クリス・アルジェリ、次戦の候補はアンドレ・ベルト

image source to:The Ring

image source to:The Ring

2連敗から復帰戦に勝利した元世界スーパーライト級王者・クリス・アルジェリ(米)の次戦の対戦候補に元ウェルター級王者・アンドレ・ベルト(米)が浮上していることが分かった。アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)の興行を主催するルー・ディベラ・プロモーションズが明らかにした。

記事:クリス・アルジェリ、次戦の候補はアンドレ・ベルト

10. WBA王者ジェイコブスは、アンディ・リーとの統一戦を望んだ

NEW YORK, NY - DECEMBER 05:  Danny Jacobs celebrates after defeating Peter Quillin during their WBA Middleweight Championship bout on December 5, 2015 in the Brooklyn borough of New York City.  (Photo by Al Bello/Getty Images)

NEW YORK, NY – DECEMBER 05: Danny Jacobs celebrates after defeating Peter Quillin during their WBA Middleweight Championship bout on December 5, 2015 in the Brooklyn borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

「リー、ソーンダースの勝者を待ちきれないよ。」そう語ったのはWBA世界ミドル級レギュラー王者・ダニエル・ジェイコブス(米)だ。ジェイコブスは、2015年12月7日米・ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターで、ピーター・クイリン(米)を相手に3度目の防衛に成功。WBO世界ミドル級王者・アンディ・リー(英)の勝利を期待した。

記事:WBA王者ジェイコブスは、アンディ・リーとの統一戦を望んだ

11. IBF王座決定戦、バルテレミー、将来的に複数階級制覇を視野に入れた

image source to:Premium Boxing Champions

image source to:Premium Boxing Champions

 IBF世界ライト級王座決定戦が、2015年12月8日ラスベガスにあるパームス カジノ リゾートでランセス・バルテレミー(キューバ)とデニス・シャフィコフ(ロシア)の間で争われる。ランセス・バルテレミーは、シャフィコフに勝利すれば、スーパーフェザー級に次ぐ2階級制覇を達成する。

記事:IBF王座決定戦、バルテレミー、将来的に複数階級制覇を視野に入れた

12. ルイス・オルティス、ジェニングスVADAによる薬物検査を実施

image source to:The Ring

image source to:The Ring

 WBA世界暫定ヘビー級タイトルマッチは、2015年12月19日米・ニューヨーク州ヴェローナにあるターニング・ストーン カジノ&リゾートで行われる。王者・ルイス・オルティス(キューバ)に挑戦するブライアント・ジェニングス(米)は安堵しただろう。

記事:ルイス・オルティス、ジェニングスVADAによる薬物検査を実施

13. ランディ・カバジェロ次戦2016年2月5日に決定

image source to:The Ring

image source to:The Ring

 怪我からの復帰戦で大舞台が用意されたが、体重超過により試合は中止。IBF王座を剥奪されたランディ・カバジェロ(米)は、米国現地時間2016年2月5日、カリフォルニア州インディオにあるファンタジー・スプリングス リゾート&カジノで、ノンタイトル・スーパーバンタム級10回戦で、ルーベン・ガルシア(メキシコ)を相手に復帰戦を行うことが決まった。

記事:ランディ・カバジェロ次戦2016年2月5日に決定

14. 今週の主な試合

無し

15. 今週のWOWOW

WOWOWライブ 12月21日 午後夜9時〜

・IBF世界スーパーミドル級タイトルマッチ
ジェームス・デゲイル vs ルシアン・ビュテ

・ノンタイトル スーパーライト級10回戦
アミール・イマム vs. アドリアン・グラナドス

16. ボクシング雑誌情報

[amazonjs asin=”B018UJLIW6″ locale=”JP” title=”BOXING BEAT2016年01月号”]

[amazonjs asin=”B017A617SA” locale=”JP” title=”ボクシングマガジン 2016年 01 月号 雑誌”]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください