元ライトヘビー級王者・ジャン・パスカル(カナダ)は、米国現地時間2015年11月16日、パッキャオのトレーナーでも知られる名トレーナーのフレディ・ローチを新たにコーチに迎えたことを発表した。公式発表されてないが、ジャン・パスカルは次戦、2015年1月30日、カナダ、モントリオールにあるベル・センターでWBA・WBO・IBF世界ライトヘビー級王者・セルゲイ・コバレフ(ロシア)と再戦を行う見通しとなっている。

フレディ・ローチを迎えたパスカルは、「フレディ・ローチは最高のトレーナーの1人だ。フレディを新たにトレーナーとして迎えられ光栄だよ。フレディは、パッキャオ、コットのトレーナーを務めトレーニングにより、彼らはより高いレベルへいくことが出来た。私もフレディとトレーニングすることで改善できると確信しているよ」と述べている。

ジャン・パスカルのトレーナーを務めることになったフレディ・ローチは、「ジャンは私のジムへ数回きてその時、彼のミットを持ったんだ。ジャンは、ミット・ワークも満足していたようだったよ。コバレフはとても強い、タフで厳しい相手になる。コバレフとは友人だけど、ジャンが勝利するよう最善を尽くすよ」と語っている。

Sponsor Link

セルゲイ・コバレフは次戦、2015年11月に母国ロシアでの凱旋試合となる予定だった計画が変更。2016年1月カナダ、モントリオールにあるベル・センターで、ジャン・パスカルとのリマッチをする見通しとなっている。中継は、HBO(米・ボクシング中継局大手)が配信する。

コバレフは、WBC世界ライト・ヘビー級王者・アドニス・スティーブンソンとの統一戦の期待感が高まるが、両陣営が契約しているTV局が異なり障害となり試合実現のハードルが高い。

コバレフは、ジャン・パスカルとのリマッチを制すれば、2016年、ライト・ヘビー級参戦を正式に表明したPFP(パウンド・フォー・パウンド)上位にランクするアンドレ・ウォード(米)とのビッグ・ファイトの機運が高まっている。

関連記事:
続 コバレフ、2016年アンドレ・ウォードとビッグマッチ実現なるか?!

WBA王座返上、アンドレ・ウォードがWBA王座を返上

(Via: ESPN Boxing