GGG、レミュー7日前の計量チェックをパス

米国現地時間、2015年10月17日ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデンで行なわれるWBAスーパー・WBC暫定ミドル級王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、同級IBF王者・デイビッド・レミュー(カナダ)の試合7日前の体重がWBC(世界ボクシング評議会)が定めている規定範囲内であることがわかった。

試合、一週間前を迎えた、ゲンナディ・ゴロフキンは、165.5パウンド、デイビッド・レミューは、167.6パウンドで、両者WBCが定めている(168パウンド)の規定範囲内に体重を収めた。WBCは、公式計量の他に規定の一部に30日前、7日前の体重制限を設けている。「30日前にリミットの10%を超過してはならない」「7日前にリミットの5%を超過してはならない」。

Sponsor Link

30日前の計量では、ゲンナディ・ゴロフキンは、165パウンド。7日前の計量時と比較すると僅かに重い。デイビッド・レミューは、175.8パウンドと8パウンド近く減量に成功。WBCの他にIBF(国際ボクシング連盟)もタイトルマッチとして認可することから、両者はIBFの規定に従い前日計量の他に、当日計量が要求される。IBFは、当日計量で10パウンド以上の体重超過を禁止している。

中継は、HBO(米・ボクシング中継局)PPV(有料)され、価格は、49.95ドル、HD放送は59.95ドルで視聴可能。ゲンナディ・ゴロフキンのプロモーターであるK2プロモーションのトム・ローフラー氏は、20万件のPPV購入件数を見込んでいるという。

ボクシング・ファン待望のカードまで一週間を切った。「素晴らしい試合になることを約束する」ゴロフキンの言ったとおり、レミューとの試合はファン待望の試合。エキサイティングな試合となることは確実だろう。HBOは、その後、コット、カネロの勝者との対戦を目論んでいるという。実現するかは別として、この試合が2016年のビッグマッチの序章となるのは確かだろう。

関連記事:
最強王者ロマゴン、ビロリア先へ向け最高の試合を魅せることを約束

王座統一戦が決定!ゴロフキン、レミュー次戦2015年10月17日に対戦することが決定

(Via: boxingscene

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください