ゲーリー・ラッセルJr、次戦2015年11月14日オスカル・エスカドンと初防衛戦

image source to:The Ring

Showtime(米・ボクシング中継局)は、WBC世界フェザー級王者・ゲーリー・ラッセルJr.が次戦、2015年11月14日、同級12位のオスカル・エスカンドン(コロンビア)を相手に初防衛戦を行うことを発表した。

当初、Showtime Sports副社長 スティーブン・エスピノーサは、ゲーリー・ラッセルJr.の次戦を米国現地時間、2015年10月24日に計画しアナウンスしていたが、スケジュールを急遽変更。スケジュールを変更した理由は明らかになっていないが、開催地については未定となっており正式発表は未だされてない。

Sponsor Link

ゲーリー・ラッセルJr.は、2015年3月28日、米・ネバタ州ラスベガスにあるパームス・カジノ・リゾートでWBC世界フェザー級王者ジョニー・ゴンサレスと対戦し、4回TKO勝利。WBC世界フェザー級王座奪取に成功している。

当初、ラッセルJr.の初防衛戦は、指名挑戦権をもつ同級1位のロビンソン・カステジャノス(メキシコ)との指名防衛戦となる予定であった。WBC(世界ボクシング評議会)は、フェザー級は2年以上指名試合が行われていないことに言及。2試合連続の指名戦を義務付けていた。

カステジャノス陣営は、WBCからの正式な通達を待っていたが、選択試合となった。

関連記事:
ゲーリー・ラッセルJr.次戦はカステジャノスとの指名試合か?!

(Via: ESPN Boxing

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください