一度、交渉が決裂したWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)、ブランドン・リオス(米)の対戦が再度浮上した。ブランドン・リオスのトレーナーを務めるロベルト・ガルシアが、SNS(Twitter)を通じて、2015年11月7日米・ネバタ州ラスベガスにあるトーマス&マック・センターでWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリーと対戦すると発表した。

ロベルト・ガルシアがTweetした上記内容は、30分後削除されている。ブランドン・リオスは既にティモシー・ブラッドリーと試合をすることに同意。興行をプロモートするトップランクは、ブラッドリー陣営も同意したことを明らかにしている。

トップランク トッド・デュポエフ氏は、「我々は、ブラッドリー、リオスの試合の交渉に取り組んできた。ブラッドリーのマネージャーを務めるモニカ・ブラッドリーとの間でも合意がとれた。 ブラッドリー、リオスの歳を実現することが出来て嬉しいよ。この試合は、素晴らしい試合になるよ。」と米・ラスベガス・レビュー・ジャーナルに話している。

Sponsor Link

ブラッドリーの指名戦の問題

ティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオスの一戦は、両陣営は直近の試合よりも多くの報酬を求め試合を中継するHBO(米・大手ボクシング中継局)の予算に合わなかったことで一度交渉が決裂している。

両陣営が試合に同意しているが、正式合意に至るまでいくつかの問題が残っている。WBO(世界ボクシング機構)は、WBO世界ウェルター級王者・ティモシー・ブラッドリーへ次戦、WBOランキング1位のサダム・アリ(米)との指名防衛戦を指令。

トップランクは、WBOへティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオス戦を承認を得る為に例外申請を要請。近く、WBOはトップランクの要請を承認する見通しであることが明らかになっている。

トップランクは、ティモシー・ブラッドリー、サダム・アリの試合にHBOが興味を示さず中継が難しいことを知り、両陣営の求める報酬より減額するが試合の実現を優先したと思われる。両雄の対戦が流ればウェルター級トップ戦線のファイターに乏しいトップランクとしては痛手となり、今後、話題性のあるマッチメイクを出来る保証も無かったのだろう。

関連記事:消滅!ティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオス試合は白紙に

(Via: boxingscene)