決定!ケル・ブルック次戦ディエゴ・チャベスと2015年10月24日対戦

image source to:The Ring

英国マッチルーム・スポーツは、IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックが、現地時間2015年10月24日英国・シェフィールドで、IBF世界ウェルター級4位のディエゴ・チャベス(アルゼンチン)と試合をすることを正式に発表した。

ケル・ブルックは次戦、ブランドン・リオス(米)と対戦するため、トップランクと交渉されてきたが、再試合条項で両陣営合意することができずに交渉が決裂。WBO世界ウェルター級王者 ティモシー・ブラッドリー(米)との統一戦の噂も浮上したが、3度目の防衛戦の相手は、ディエゴ・チャベスに決定した。

ケル・ブルックへの挑戦が決まった、ディエゴ・チャベスは、「俺は、ブランドン・リオス、ティモシー・ブラッドリーと試合をし負けたが、コンディションは良かったと思ってるんだ。皆知ってるように、ブランドン・リオスとの試合は決してフェアで無かったし、減点は、ポイントを盗まれたものだったんだ。

Sponsor Link

ティモシー・ブラッドリーとの試合は、引き分けに終わったけど自分中で得るものが大きかったしポジティブに捉えているよ。ブルックは、リオス、ブラッドリー2人のファイターとは異なる選手、今までの試合とは違ってくるだろうね。」と語っている。

ケル・ブルックは、フロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオを除いて、現ウェルター級の中でもNo1の実力者だろう。パンチはコンパクトで軸はずれず体幹も強くパンチは鋭角的。ブロッキング、パーリンの基本ディフェンス能力、ディフェンスからオフェンスへの切り替えのスピードもはやく、試合運びも上手く総合力の高い選手だ。

カーンとのビッグマッチ

2014年8月、ショーン・ポーターに勝利しIBF世界ウェルター級王座を獲得。その後、12月に初防衛戦を予定していたが、休暇先で暴漢に襲われ負傷しブランクを余儀なくされれていた。2015年は、イヌオット・ダン・イオン、フランキー・ギャビンと既に2試合を消化している。アミール・カーンと英国でのビッグマッチが望まれるが、果たして。

(Via: The Ring

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください