再浮上!フランプトン、スコット・クイッグの対戦実現なるか

image source to:The Ring Magazine

マッチルーム・スポーツ エディ・ハーン氏は、一度消滅した自身がプロモートするWBA世界スーパーバンタム級王者スコット・クイッグとIBF世界スーパーバンタム級王者カール・フランプトンとの統一戦に再度、意欲的なことがわかった。エディ・ハーン氏は、カール・フランプトンのアドバイザー、アル・ヘイモン氏がスコット・クイッグとの対戦に興味を示しているという。

エディ・ハーン氏は、試合をする前提条件として、2人の次戦が行われる2015年7月18日両者が勝利することだと語っている。スコット・クイッグは、英国で元IBF世界スーパーバンタム級王者キコ・マルチネスと対戦。カール・フランプトンは、アレハンドロ・ゴンサレスJr.と対戦、米・デビュー戦が確定している。

カール・フランプトンがアル・ヘイモンと契約したことで、一度は消滅した統一戦が再度浮上。アル・ヘイモン氏と友好関係にあるエディ・ハーン氏との間であれば交渉も上手く纏まりそうだ。しかし、IBF(国際ボクシング連盟)は、統一戦はWBAスーパー王者ギレルモ・リゴンドーでなければ認めない方針を示し統一戦認可についてはハードルが高い。

Sponsor Link

以前の交渉では、カール・フランプトンは、スコット・クイッグとの統一戦は£12m(約20億円)の価値があると主張。エディ・ハーン氏は、フランプトン陣営へ2015年7月18日英国、マンチェスターで試合を開催することを条件として、£1.5m(約2億4000万)を掲示したが、フランプトン陣営はこのオファーを断っている。

スコット・クイッグは、キコ・マルチネスを撃破後、ノニト・ドネアとの対戦が浮上。既に、ドネア陣営がクイッグ陣営とコンタクトをとっているとの話もある。フランプトン、クイッグの次戦の結果後、アル・ヘイモン、エディ・ハーン、トップランクの交渉次第でスーパーバンタム級戦線でのビッグマッチが決まるかもしれない。

関連記事:ノニト・ドネア、クイッグ戦実現へ向けクイッグ陣営と交渉開始か?!

決定!カール・フランプトン、次戦アレハンドロ・ゴンサレスJr.と2015年7月18日に米で対戦

(Via: boxingscene)

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください