サーマン、ポーター次戦はスペンスJrが対戦候補なのか?!

image source to:The Ring

メイウェザー・プロモーションズを主宰するフロイド・メイウェザーJr.が、次期ウェルター級の「プロスペクト」期待の星、元オリンピアンであるエロール・スペンスJr.(米)の次戦に、WBA世界ウェルター級レギュラー王者キース・サーマン(米)、ショーン・ポーター(米)との試合実現を望んでいることを明らかにしている。

エロール・スペンスJr.は、6月20日米・ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナでフィル・ロ・グレコと対戦し、3回TKO勝利。フロイド・メイウェザーJr.は、エロール・スペンスJr.を高く評価をし賞賛している。

自身のラスト・ファイトが予定されている2015年9月12日のアンダーカードで、キース・サーマン、ショーン・ポーターと対戦して欲しいと語っている。

Sponsor Link

フロイド・メイウェザーJr.のスパーリング・パートナーも務めるエロール・スペンスJr.は、2013年9月フロイド・メイウェザーJr.、サウル・”カネロ”・アルバレスのアンダーカードで出場している。

2015年6月20日、エイドリアン・ブローナーとのサバイバル・マッチを制したショーン・ポーターは、フロイド・メイウェザーJr.のアンダーカードで試合をすることは興味はなく、次戦フロイド・メイウェザーJr.との対戦を熱望している。

次期ウェルター級のスター候補とも言われている、エロール・スペンスJr.は、パンチをもらう場面もあるが、スピード・パワーもありパンチの的中精度も高い。早くも次戦世界タイトルマッチと囁かれているが、まだウェルター級のトップコンテンダーを相手に試合はしていない。WBA世界ウェルター級王者キース・サーマンと試合が実現すれば、スペンスJr.の真の実力が観れる試合となりそうだ。

(Via: boxingscene

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください