ロマチェンコ、ウォータース2015年11月ドバイ開催か?!

image source to:The Ring TV

トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)CEO ボブ・アラム氏は、2015年11月に中東「ドバイ」で世界タイトルマッチを開催する計画があることを明かした。ボブ・アラム氏は、中国マカオ市場、同様に中東「ドバイ」でボクシング市場を活性化することを望んでいるという。

ボブ・アラム氏は、以下の対戦カードを構想中だと明かしている。WBO世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦 サダム・アリ vs. ティモシー・ブラッドリー or ジェシー・バルガス。WBAスーパー/WBO世界統一フェザー級タイトルマッチ ワシル・ロマチェンコ vs. ニコラス・ウォータース。WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ スコット・クイッグ vs. ノニト・ドネア。WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ ヒルベルト・ラミレス vs. アルツール・アブラハム or ロバート・スティグリッツ。WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ ドニー・ニエテス vs TBC(対戦者未定)。

Sponsor Link

ボブ・アラム氏は、中国マカオでの興行に成功。選手への報酬、スタッフの旅費、リング・照明機材などを運搬費を考慮しても完全な黒字化に成功したという。中国・マカオでの成功を機にシンガポール、アジア戦略なども考えられていたが、噂されていたドバイ興行が遂に浮上。ドバイには、ボクシング興行に関心を示すスポンサーが既に名乗りをあげているようだ。

ボブ・アラム氏は、現在、2015年11月にドバイでの興行に向けて動いていることを明かし、年3回の興行を考えていると述べている。尚、試合は、HBO(米・ケーブルTV局)によって中継すると話している。

(Via: boxingscene

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください