ベルトラン、粟生戦後、禁止薬物が検出

image source to:The Ring

boxingsceneと複数の情報源によると、レイ・ベルトラン(メキシコ)は、2015年5月1日米・ネバタ州ラスベガスにあるコスモポリタンで行われた、粟生隆寛とのWBO世界ライト級王座決定戦の後の薬物検査で、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)の1種のスタノゾロールが検出されたと報じている。

コミッションの罰則規定が近く改定

ベルトランから陽性反応とでたスタノゾロールは、アナボリック・ステロイドの一種で筋肉増強剤、ドーピング薬物として知られている。ベルトランは、ネバタ州アスレチック・コミッション(以下NSAC)より近く粟生隆寛との試合は無効試合、罰金が課せられ一時ライセンスの停止処分となる見込みだ。NSACは、近く薬物の罰則規定を大幅に改定、既存の罰則よりも厳しくなる。

ソト、ベルトランが中止

ベルトランは、NSACから期限付きのライセンス停止処分となることから、2015年6月27日米・ロサンゼル近郊にあるスタブハブ・センターで予定されていたウンベルト・ソトとの試合は中止。また、ソト、ベルトランはVADAによるドーピング検査が予定されていた。

7月11日英国マンチェスターで、WBOランキング1位、テリー・フラナガン(英国)とホセ・セペダ(メキシコ)の間でWBO世界ライト級王座決定戦の開催が決定している。

粟生隆寛、ベルトランの試合が「無効試合」になるのであれば、次期WBO世界ライト級王者との義務的な挑戦者として粟生隆寛を承認するなどチャンスを与えるべきだろう。今後、コミッション、WBOがどのような対応をするか見守りたい。

Sponsor Link

ウンベルト・ソトも被害者の1人

ウンベルト・ソトは、2015年5月9日にフランキー・ゴメスと対戦予定だったが、ゴメスが大幅に体重を超過した為試合は中止。その後、ベルトランとの試合が内定していたが、ベルトランがNSACによるサスペンドで試合が中止と不運続きとなっている。

ソトをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)マッチメーカーのエリック・ゴメス氏は、ソトの対戦候補をトップランクと検討している。

関連記事:薬物陽性反応、ベルトラン、ソト戦は試合中止に

(Via: boxingscene

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください