メキシコの関係者は、2015年5月2日「世紀の一戦」フロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオのアンダーカードに出場するWBC世界スーパーバンタム級王者レオ・サンタ・クルスが、ホセ・カエタノ(メキシコ)と対戦すると述べている。試合は、ノン・タイトル フェザー級 10回戦で行われる。WBC(世界ボクシング評議会)は、レオ・サンタ・クルス陣営から選択試合の防衛戦の要請を受けたが、安全性を考慮しサンタ・クルス陣営にノン・タイトル戦を打診。

レオ・サンタ・クルスは、2015年アブネル・マレス(メキシコ)と対戦に意欲的で、サンタ・クルスのアドバザーであるアル・ヘイモンも2人の対戦を計画していることから、フェザー級へ階級を上げる可能性が高い。レオ・サンタ・クルスは、5月2日に行われるフェザー級の試合はテスト・マッチ、パワーに不足が無ければ、フェザー級へ階級を上げると話している。

Sponsor Link

サンタ・クルスは5月2日ノン・タイトル戦後の試合結果により今後が左右されるが、スーパーバンタム級で防衛戦を行うのであればWBCから指名試合を消化する必要がある。ドネアとの対戦も噂されるがプロモーターの関係性から対戦する確度は低そうだ。

こちらの記事で紹介したとおり次戦以降に、WBA世界バンタム級レギュラー王者スコット・クイッグとの交渉が進められている。フェザー級テスト・マッチをクリアすれば、アブネル・マレスと対戦する可能性が高そうだ。

5月2日の試合まで1週間を切ったことから数日中に正式に発表があると思われる。

関連記事:ドネア、クイッグ2015年秋に実現へ向け両陣営が交渉中