ESPN マイケル・ウッズ氏によると、元3階級制覇王者エイドリアン・ブローナーの次戦が、2015年6月20日ブローナーの故郷である米オハイオ州シンシナティでおこなわれ、元IBF世界スーパーフェザー級王者ランセス・バルテレミー(キューバ)と対戦する確度が高いと述べている。

エイドリアン・ブローナーは、クリス・アルジェリと交渉中だが、クリス・アルジェリは、アミール・カーンと対戦する角度が高く数日中に合意するという話もある。エイドリアン・ブローナー次戦は、ランセス・バルテレミーと対戦する確度は高いと見て良いだろう。

Sponsor Link

ブローナー ベルト奪取をするのか?

photo by:The Ring

photo by:The Ring

エイドリアン・ブローナーは、WBC/WBA/IBFと上位にランクインしている。次戦は、ダニー・ガルシアという話もあるがガルシアとの対戦は日程からすると難しい。エイドリアン・ブローナー次戦は、6月20日に計画。4月11日にピーターソンとの試合を消化したダニー・ガルシアにとってはタイト・スケジュールだ。

エイドリアン・ブローナー、スーパーライト級でベルト奪取を望むのであれば、WBCのベルトが可能性としては高い。ダニー・ガルシアはポストルとの防衛戦を選択すればその後、マティセとの連続指名試合が義務付けられている。

しかし、マティセはWBOをターゲットに絞り込む確度が高い。もしガルシアがポストルに勝利しタイトル返上となれば、マティセ(WBCランキング3位)、ブローナー(ランキング4位)がスーパーライト級王座決定戦が実現する可能性もある。勿論、4月18日にマティセがプロボトニコフに勝利することが条件となる。

テレンス・クロフォードも参戦し激戦区となっているスーパーライト級。プロモーターとの兼ね合いもあるが、2015年は役者も揃っている。実力者(ベスト vs. ベスト)同士のボクシング・ファンを沸かせるビッグマッチの期待感が高まっていることは事実だろう。