現地時間2015年3月17日、WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスがHBO(米国大手ボクシング中継局)でデビューすることが正式に決定した。試合は、5月16日米カリフォルニア州イングルウッド「The Forum」ゲンナディ・ゴロフキン、ウィリー・モンローJr.のダブル・タイトルマッチをHBOが放送。WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスは、エドガー・ソーサを相手に2度目の防衛戦を行う。

現地時間3月16日(火)、ゲンナディ・ゴロフキン、ウィリー・モンローJrの記者会見場で発表。以前からHBOは、ローマン・ゴンサレスに興味を示していた。今回、ゴンサレスのプロモーターである帝拳プロモーション本田明彦氏、ゴロフキンのプロモーターのK2プロモーション トム・レフラー氏が協力したことで、無敗王者2人の共演が米国で実現することになった。

Sponsor Link

K2プロモーションズ トム・レフラー氏は、現在のローマン・ゴンサレスは2012年HBOデビュー前のゴロフキンと同じ位置に居るが、HBOデビューすることでアメリカで多くのファンを獲得することになるだろうとゴンサレスを絶賛。

ロマゴンが遂にHBOで米国デビューを果たす。無敗の王者2人が米国で共演するとなれば話題性は十分。米国で多くのファンの心を掴むことができ評価を得ることが出来れば、今後、ローマン・ゴンサレスは北米、大きな舞台へ主戦場を移す可能性もあるだろう。

ゴンサレスは、2015年に井上尚弥とのスーパーマッチを希望。日本での開催も良いが、北米開催となれば世界から注目される対戦カードとなる。ゴンサレスの今後の動向から目が離せなくなってきた。

(Via: boxingscene