WBA再戦か?!リゴンドー、フローレス戦は無効試合になることが決定!

 ネバタ州アスレチック・コミッション(NSAC)は現地時間26日、2017年6月17日に米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイベイ・イベンツ・センターで開催されたWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、王者ギレルモ・リンゴドー(キューバ)対WBA同級1位モイセス・フローレス(メキシコ)の一戦をリゴンドーのKO勝ちから無効試合(ノーコンテスト)に改めることを決定した。

 NSACは現地時間26日に、ラスベガスで会議をひらき、リゴンドー対フローレス戦の投票を実施。結果4−0で、この試合をリゴンドーのKO勝ちから無効試合とする決断を下した。この結果に伴い、フローレスのプロ戦績は27戦25勝(17KO)2無効試合となる。

 裁定の決めてとなったのは音声データだった。NSACは、映像とあわせ音声データを検証。検証結果から1回にリゴンドーが放ったパンチは、ゴング後であることが判明した。米・ボクシングシーンによると、WBA(世界ボクシング協会)は再戦を命じる公算が高いという。

[ninja]

 試合後、NSAC、関係者らは、ドラクリッチ主審と共に映像を検証。この映像と、関係者らの証言をあわせてリゴンドーのKO勝ちの裁定を下していた。ドラクリッチ主審、HBOの制作スタッフらは、リゴンドーのパンチはゴング前に放ったパンチであると証言していた。

 当時、音声データによる検証は行われておらず、リゴンドーの放ったパンチがゴング前か後かを立証するものは無く、裁定を下す材料は映像とHBOと関係者ら、ドラクリッチ氏による証言のみだった。

 さらに、ドラクリッチ氏は、リゴンドーの放ったパンチは故意によるものではないと証言。NSACボブ・ベネット氏と、ドラクリッチ氏は、試合の翌朝に映像と音声データを検証。NSACはリゴンドーの放ったパンチは偶発的なものであると判定。意図的だった場合、反則となる可能性もあった。

リゴンドーのプロ戦績は18戦17勝(11KO)1無効試合となる。

(Via:ESPN

Sponsor Link

リゴンドーの関連記事はこちら

リゴンドー、フローレス戦ノーコンテストとなりWBA再戦を指令か?!

WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、2017年6月17日に米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイベイ・イベンツ・センターで開催されたスーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)対WBA同級1位モイセス・フローレス(メキシコ)の勝敗がノーコンテストとなる見通しであることが分かった。 …

オススメ記事はこちら

マイキー、ブローナー戦後はパッキャオ、ロマチェンコ、リナレスが候補か?!

米・ボクシングシーンによると、次期ペイ・パー・ビュー(PPV)スター候補と言われる3階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)の実兄でトレーナーのロベルト・ガルシア氏が今後のマイキー・ガルシアの対戦候補としてパッキャオ、ロマチェンコ、リナレスを挙げていることが分かった。 …

Sponsor Link

井上尚弥、ロマゴンとの軽量級史上最大のメガファイト実現に意欲!

9月に米国で共演を果たすパウンド・フォー・パウンド上位の両者、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)と、4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が19日に、都内で記者会見に臨み、近い将来に軽量級史上最大のメガファイトを実現させたい意向であることを示した。井上尚弥の試合はフジテレビ系で放送される予定となっている。 …

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください