IBF世界バンタム級挑戦者決定戦、2017年1月ナルバエス、ロドリゲスが濃厚!

photo by:boxingscene

 IBF世界バンタム級次期指名挑戦者決定戦が、現地時間1月13日、アルゼンチンのプエルト・マドリンで、IBF世界バンタム級3位オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と、同級4位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の間で争われることが大筋合意したことが明らかとなった。

 IBF(国際ボクシング連盟)は、オマール・ナルバエス、エマヌエル・ロドリゲスの両陣営に対しIBF世界バンタム級挑戦者決定戦を行うよう通達していた。

 勝者はIBF世界バンタム級王者リー・ハスキンス(英)への挑戦権を得る。エマヌエル・ロドリゲスは「この戦いのオーファーを受けたときすぐに承諾したよ。僕にはナルバエスに勝利するための必要なものを持っているからね。」と述べている。

[ninja]

 エマヌエル・ロドリゲスは2010年シンガポールで行われた、シンガポール・ユース・オリンピックに出場し金メダルを獲得。IBFだけでなく、WBA(世界ボクシング協会)7位、WBC(世界ボクシング評議会)4位にランクするプエルトリコ期待のプロスペクトである。

 ロドリゲスは2016年6月3日、米・フロリダ州ハリウッドにあるハード・ロック・ホテル&カジノで、アルベルト・ゲバラ(メキシコ)と対戦し10回、3-0の判定で勝利している。ロドリゲスの戦績で目立つ対戦相手はアルベルト・ゲバラとの一戦のみ。

 アルベルト・ゲバラは、元WBC世界ライトフライ級王者ペドロ・ゲバラの弟としても知られ、レオ・サンタ・クルス(メキシコ)、WBC世界バンタム級王者山中慎介(帝拳)に挑戦するも何れも王座奪取に失敗している。

 IBF世界バンタム級王者リー・ハスキンスは、2016年12月31日京都にある、島津アリーナ京都で大森将平(ウォズ)を相手に防衛戦を行う予定だったが、ハスキンスが足の怪我で防衛戦が中止となっている。

 ハスキンスの足の怪我の程度は不明。IBFが暫定王座決定戦を行うかは決まっていない。尚、大森はロッキー・フェンテスとノンタイトル戦を行うことが決まっている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

関連記事

速報!大森将平、ハスキンスの世界戦が中止!

ウォズジムは8日、京都にあるジムで緊急記者会見を開き2016年12月31日、京都にある島津アリーナ京都で行なわれるIBF世界バンタム級タイトルマッチ、王者・リー・ハスキンス(英)、挑戦者・大森将平の一戦が中止となることを発表した。 …

オススメ記事

増刊!WBC、2017年世界王者への指名戦、挑戦者決定戦を指令!

Sponsor Link  WBC(世界ボクシング評議会)の第54回年次総会が、米国現地時間12月11日よりフロリダ州ハリウッドで開幕。WBCマウリシオ・スライマン会長は、毎年恒例となっている各階級の王者への指名挑戦者と、指名挑戦者決定戦を発表した。 …

Sponsor Link

ロマチェンコ、次戦サリドと2017年3月に再戦が大筋合意

トップランク(米・大手ボクシングプロモーター) ボブ・アラム氏は現地時間20日、2017年3月開催へ向け交渉が進められているWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、オルランド・サリド(メキシコ)の再戦が来年(2017年)3月に開催することで大筋合意していることを明かした。 …

ミゲール・コット2017年引退を示唆RNSとの延長契約なるのか?!

36歳となったプエルトリカンの英雄ミゲール・コット(プエルトリコ)、キャリアも終盤に差し掛かっている。コットは、2015年ロック・ネイション・スポーツ(RNS)と3試合、およそ5000万ドルという破格の大型契約を締結。RNSと契約した最後の試合が2017年2月25日米・テキサス州フリスコでジェームス・カークランド(米)と行なわれる。 …

オススメ・ボクシング雑誌

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください