マレス、クエジャール試合前まで2週間を切った

 米国現地時間2016年12月10日、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるUSCキャンパス内にあるガレン・センターで行われるWBA世界フェザー級タイトルマッチ、王者・ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)、挑戦者・アブネル・マレス(メキシコ)の公開トレーニングが29日、メディア向けにロサンゼルスで公開された。

 自身のプロモーション、リングスター・スポーツを新たに設立し、TGBプロモーションと興行をプロモートする敏腕プロモーター リチャード・シェイファー氏は、「この戦いはクエジャールを象徴するような戦いになる。マレスとの戦いは、クエジャールにとってキャリア最大の試合になる。ただ、彼は今まで全てのテストを難なくパスしてきている。

 多くのアルゼンチンのファイターが戦士であるように彼もまた戦士。マレスとの防衛戦は彼とって厳しい戦いになるが、彼はタイトルを防衛することを固く決意している。

[ninja]

 アブネル・マレスは真のウォーリアーだよ。クエジャールは5度タイトルを防衛している強豪だ。彼は4度目の世界タイトルマッチで、ベストな対戦相手を選択し自分自身をテストしようとしている。」と語っている。

 クエジャールへ挑戦するマレスは「リングに戻ってくることができて本当に幸せだよ。クエジャールとの試合は、偉大な戦いとして記憶されるだろう。

 ここガレン・センターはボクシングの会場としてはファースト・クラス、一等地の会場だ。ボクシングの試合を行う上で最も価値がある会場の1つだよ。ボクシングはエンターテイメント、もしあなたが興味のあるカードを選ぶなら、この興行のようなマッチメークだろうね。」と述べている。

 挑戦を受けるクエジャールは「マレスとの戦いは、私にとってロサンゼルスで初となるイベントで特別なものなんだ。この興行には、2試合もエキサイティングな打ち合いになる素晴らしいマッチメークがある。

 マレスとは2004年のアテネオリンピックで出会ったんだ。その時、彼のスタイルと人柄に関心したんだ。」と述べている。

Sponsor Link

12月10日対戦カード

 同興行は、クエジャール、マレス戦の他、IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、王者・ジャーモール・チャーロ(米)が、同級ランキング1位のジュリアン・ウィリアムズ(米)を相手に3度目の防衛戦を行うことが決まっている。

 アンダーカードには、IBF世界スーパーライト級挑戦者決定戦が、同級ランキング3位のレオナルド・ザッパビグナ(豪)と同級ランキング4位のセルゲイ・リピネッツ(ロシア)の間で争われる。勝者は、12月3日に防衛戦を控えるIBF世界スーパーライト級・エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)への挑戦権を得る。

(Via:boxignscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

サーマン、ガルシア、2017年第1四半期、Showtimeスケジュール

「これらの戦いは高水準なハイレベルなマッチメーク、50ー50の戦いだ」そう語ったのはShowtime(米・大手ケーブルTV局)スティーブン・エスピノーザ氏である。待たれていた2016年後半から、2017年第1四半期のスケジュールが発表された。 …

マレス、2017年フランプトン、サンタ・クルスの勝者と対戦を望んだ!

現地時間2016年12月10日米・カリフォルニア州ロサンゼルスのUSCキャンパス内にあるガーレン・センターでWBA世界フェザー級王者・ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)への挑戦をひかえる元3階級制覇王者・アブネル・マレス(メキシコ)が、クエジャール戦後ビッグマッチを望んでいることを明かした。 …


 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください