ソーンダース次戦の初防衛戦が11月26日延期に

 約1ヶ月前、クリス・ユーバンクJr.(英)がトレーニング中に負傷し英国王座を返上することを突如発表。この穴埋めとして10月22日、WBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の初防衛戦が予定されていたが、試合2週間を前に延期が発表された。

 ソーンダースをプロモートするフランク・ウォーレン氏は現地時間13日、10月22日英国ウェールズ、カーディフにあるモーターポイント・アリーナで予定していたWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダースの初防衛戦を延期すること正式に発表した。

 怪我の程度など詳細は明らかになっていないが、フランク・ウォーレン氏は、ソーンダースが筋肉を損傷したと述べている。ウォーレン氏は、初防衛戦の相手となるアルツール・アカボフ(ロシア)をプロモートするディ・ベラ・エンターテイメントを取り仕切るルー・ディベラ氏へ、11月26日に変更となることを通達した。

 クリス・ユーバンクJr.陣営が突如発表したトミー・ラングフォード戦のキャンセル報道。フランク・ウォーレン氏との足並みが揃っていない感が歪めない。そして、代替として決まったソーンダースの初防衛戦が1週間前にリスケ。延期とはいえ英国内での波紋は大きくなりそうだ。

[ninja]

 また、同興行のアンダーカードで英国スーパーウェルター級の防衛戦を予定していたリアム・スミス(英)もスパーリングで負傷したと報じている。10月22日予定されていた興行は中止となり、全てのカードは11月26日の興行に延期されることになる。

 興行を主催するフランク・ウォーレン氏は「全てのファンに不便をかけたことを謝罪します。我々は、10月22日カーディフでエキサイティングな試合を用意しチケットは全て完売していました。

 11月26日、ユーバンクJr.が返上し空位となった英国ミドル級王座決定戦として、WBO世界ミドル級ランキング2位トミー・ラングフォード(英)と、サムー・シーディー(英)も行なわれると確信しています」。と声明を発表した。

 怪我の影響もありリングから遠ざかっているソーンダースは2015年12月、アンディ・リーから王座を奪取して以来、約11ヶ月ぶりに初防衛戦を迎える。

 ゴロフキンをプロモートするK2プロモーションズから300万ドルのオファーを受けるも拒否。しかし、ブルック戦で雑なパフォーマンスを見せたゴロフキンに目をつけ、対戦候補として名乗り出ている。

(Via:ESPN

Sponsor Link

ソーンダース次戦10月22日アルツール・アカボフと初防衛戦が決定!

WBA・WBC・IBF世界統一ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)への挑戦を表明している1人、WBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の初防衛戦の日程がようやく決定した。 …

Sponsor Link

in44y

「2016年ビッグマッチが少なくなる」そう言われてきた。これは、2015年5月メイウェザー、パッキャオが実現した影響が大きい。2016年話題となるビッグマッチは少ないのは事実だが、HBO(米最大手ケーブルTV局)、Showtime(米・ケーブルTV局)らはクォリティの高い好カードをマッチメーク。 …

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください