長谷川穂積、ウーゴ・ルイス、開始直前の特集!

image source to:AZN BADGER's BLOG

「これが私の最後のチャンスとなる」長きにわたり日本のボクシング界をけん引してきた”日本のエース”長谷川穂積は、WBC世界スーパーバンタム級王者・ウーゴ・ルイス(メキシコ)との戦い前に、米で最も権威あるリング・マガジンのインタビューでそう語っていた。

「ウーゴ・ルイスのような素晴らしいチャンピオンに挑戦できることを誇りに思っている。スーパーバンタム級でファンに素晴らしいパフォーマンスを披露できることを確信している。

 この挑戦がラスト・チャンスになる。ウーゴ・ルイス戦へ向けトレーニングでも最善を尽くしてきたし、思い残すことは何もない。」と語っている。長谷川は、ボクシングのキャリアを振り返り、各要素におけるベストを語った。

Sponsor Link

総合ベストは、ウィラポン

 「キャリアを通じて一番誇らしかった瞬間は、ウィラポン・ナコンルアンプロモーションに勝利し、WBC世界バンタム級王座を獲得した瞬間だ。

 ウィラポンとは2回戦ったけど、彼の多くのことをリスペクトしている。彼は世界王者だったのにも関わらずジムの寮に住んでいたんだ。

 認可団体がつける上位ランカー選手らと多くの経験があり、オーソドックス、サウスポー問わず上手く戦うことができる。それに常にハングリーで誰とでも戦う準備が出来ていたしね。
 
 ウィラポンは2005年4月の試合で、ゴルフのバック・スウィング似たノーモーションの左ストレートはジャブのように見えたんだ。ベスト・ジャブは、ウィラポンだよ」

ベスト・ディフェンスは、フェルナンド・モンティエル

 モンティエルにパンチを当てることは非常に難しかった。彼は、私のパンチに対するディフェンスの対処がしっかりと出来ていた。

 長谷川穂積は、2010年4月30日東京・日本武道館で行われたWBC・WBO世界バンタム級王座統一戦で、WBO世界バンタム級王者・フェルナンド・モンティエル(メキシコ)と対戦し4回TKO負けを喫し、11度目の防衛戦に失敗した。

ベスト・チン ファン・カルロス・ブルゴ

 バンタム級で戦ってきたライバルと比較すると、フェザー級において、ファン・カルロス・ブルゴ(メキシコ)との戦いはタフな試合だったよ。彼は、ナチュラルなフェザー級だったしね。

 フェルナンド・モンティエルとの再戦交渉するも交渉は難航。長谷川穂積は2階級上のフェザー級へ階級を転向することを決意。2010年11月26日名古屋・ガイシホールでWBC世界フェザー級ランキング1位のファン・カルロス・ブルゴ(メキシコ)とWBC世界フェザー級王座決定戦を争い、12回3-0の判定勝利を収め王座奪取に成功した。

ベスト・ハンドスピード

 モンティエルのノーモーションのパンチは対応することが困難だった。パンチを出す際に全く無駄な動きがない。つまり、パンチを打つ際に引く動作がない。彼の得意としているパンチだよね。

ベスト・フットワーク

 べチェカのフットワークは非常に速いし、このフットワークがきちんと機能していたと思う。彼はフットワークを利用して、パンチが当たらない距離をキープしていたしね。もっとも、これは彼の得意とする武器でもある。

 長谷川穂積は、2007年5月3日東京・有明コロシアムで、WBC世界バンタム級4位のシンピウェ・ベチェカ(南アフリカ)と対戦し、12回3-0の判定勝利を収め4度目の防衛に成功した。

ベスト・ストロング

 キコ・マルチネス、彼のパンチは凄くパワフルだったよ。常に前進してくるプレッシャーも、私のパンチを抑止するのにも効果的に機能していたと思う。

 長谷川穂積は、2014年4月23日大阪府大阪市中央区にある大阪城ホールで、IBF世界スーパーバンタム級王者・キコ・マルチネス(スペイン)へ挑戦するが、7回TKO負けを喫し3階級制覇に失敗した。

ベスト・パンチャー

 ジョニー・ゴンサレスは、ハード・パンチャーだったよ。彼のパンチは戦ってきたファイターと比較するとスピードは無かったけど、彼の左フックは突然、私の右サイドから襲ってきたんだ。
 
 あれはゴンサレスの得意とするパンチだよね。もし、あのパンチを警戒してどうにかやり過ごしたとしても別のパンチでノックアウトされていただろうね。

 長谷川穂積は、2011年4月神戸ワールド記念ホールで、WBC世界フェザー級1位のジョニー・ゴンサレス(メキシコ)と対戦し4回TKO負けを喫しWBC世界フェザー級の初防衛戦に失敗した。

ベスト・スキル

 フェルナンド・モンティエル、彼こそ私が戦ってきた中で最も卓越したボクシング・スキルをもつ選手だよ。スパーリングで使うような、目、足、体を使う小さなフェインはとても自然なものだった。これは経験がなければ出来ないスキルだよ。

(Via: boxingscene)

Sponsor Link

長谷川、ルイスの関連記事


長谷川、山中慎介が9月16日ダブル世界戦が決定!

帝拳プロモーションズは6日午後、都内のホテルで2016年9月16日大阪にあるエディオン・アリーナ大阪で行なわれる「ワールド・プレミアム・ボクシング Vol.24/ダブル世界タイトルマッチ」の発表会見を開催。約2年半ぶりの共演となる興行に出場するWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)と、WBC世界スーパーバンタム級ランキング4位の長谷川穂積(真正)が出席した。 …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください